ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米Amazon、同社初のAndroidスマートフォン「Amazon Fire Phone」を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Amazonは6月18日(現地時間)、米国で行われてた新製品発表イベントで同社ブランドのAndroidスマートフォン「Amazon Fire Phone」を正式に発表しました。Fire Phoneは7月25日に発売される予定で、現在は予約受付が行われています。Fire Phoneは、4.7インチHDディスプレイを搭載したフルタッチ型のAndroidスマートフォンです。Fireシリーズの製品ということで、Fire OSの最新版となる「Fire OS 3.5.0」を搭載しています。Fire Phoneは32GBモデルと64GBモデルの2種類が存在し、32GBモデルは$649で、64GBモデルは$749で販売されます。また、米AT&Tの2年契約プラン付きで購入することも可能で、そちらを選択した場合、価格は$199/$299に下がります。Fire Phoneの特徴は、前面の四隅に備えられたセンサーを使ってユーザーの目線や頭の動きを認識し、UIやアプリの表示をチルト、自動スクロール、スイベルしたり、片手でアプリのメニューや機能へのショートカットを表示させることができる「Dynamic Perspective」機能です。これによってユーザーはアプリUIを3Dで体験できるほか、Amazonショッピングサイトの商品画像を従来の2D写真では閲覧できなかったアングルで確認することができます。また、専用ボタンを押すことでカメラが情報を認識し、即座にアクションを実行できる「Firefly」機能では、カメラがポスターや雑誌、名刺に印刷された電話番号などの情報を認識してタッチして電話をかけたり、メールを送信したりできるようにします。また、Amazonショッピングサイトとも連動しており、7,000万点を超える商品をAmazon検索したり、Amazon Instant VideoやAmazon MP3の情報を表示することもできます。このほか、サポートサービス「Mayday」機能も搭載。購入者には1年間無料でAmazon Prime会員にアップグレードできる特典も提供されます。Amazon Fire PhoneのスペックOS:Fire OS 3.5.0サイズ:139.2mm x 66.5mm x 8.9mm、160gディスプレイ:4.7インチ、1,280×720ピクセル、LCD、輝度最大590カンデラCPU:Snapdragon 800 2.26GHzクアッドコアメモリ:2GB RAM、32GB/64GB ROM、Amazonクラウドストレージカメラ:背面に1,300万画素(AF、F2.0レンズ、光学手ブレ補正、1080p動画対応、LEDフラッシュ)、前面に210万画素カメラワイヤレス:Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v3.0、NFC、GPS/A-GPS/GLONASS対応周波数:GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(850/900/AWS/1900/2100MHz)、LTE(B1/2/3/4/5/7/8/17/20)、キャリアアグリゲーション対応バッテリー:2,400mAh、連続通話22時間、スタンバイ285時間、動画再生11時間、オーディオ再生65時間その他:ステレオスピーカー(Dolby Digital Plus)、スクリーンミラーリング対応、カメラボタン付きSource : Amazon



(juggly.cn)記事関連リンク
スクエニ、スマートフォン版「ドラゴンクエストII」を6月26日にリリース
64bit対応のSnapdragon 410を搭載したHuawei製「G621-TL00」がAntutuで捕捉される
DroidPack Wallpapers : 500枚以上のメーカー・Google純正壁紙をダウンロードできる壁紙アプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。