ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

YouTubeが有料の音楽サービスの存在を認める、ライセンス契約を拒否した独立系音楽レーベルからのミュージックビデオをブロックへ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨年より噂されているYouTubeの月額制音楽サービスについて、同社の幹部がその存在を認めました。この情報は、YouTubeでコンテンツ&ビジネス事業を率いる Robert Kyncl氏がFinancial Timesからのインタビューで明らかにしたことで、YouTubeは新しい有料音楽サービスの開始に伴い、そのサービスのためのライセンス契約を拒否した独立系音楽レーベルのミュージックビデオをYouTubeでブロックされることも明らかにしました。それはYouTubeの新プラットフォーム上で配信される全コンテンツに、新しい契約条件が適用されることを保証するためとしており、“数日のうちにそれらのレーベルからのミュージックビデオのブロックが行われる”と述べました。YouTubeの新サービスについては、広告が付くものの、無料で利用できるプランと、料金を支払うことで機能制限(広告排除など)が解除される有料プランの2種類が提供される予定で、YouTubeアプリのapkファイルでサービス名が「Music Pass」になる可能性が高いことが判明しました。サービスは今夏に開始される見込みです。Source : Financial Times



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Google I/O 2014で自動車向けAndroid 「Google Auto Link」を発表か?
Android版TwitterアプリでアニメーションGIFの投稿や再生が可能に
iFixitで「OnePlus One」が分解される、修理のしやすさスコアは10段階中5の評価

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP