ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

自分に似合う色の服が見つかるかも?ショップの窓でディスプレイ診断!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
A.S.Colourmatic

もうすぐアパレル業界などでは、夏のバーゲンが始まるシーズン。ファッションに興味がある人は、今から楽しみにしていることだろう。一方、普段はあまり洋服を見たりしないという人には、安く買えるのはよいが、自分に似合う服はどれなのか、見つけ出すのは難しいもの。ついつい、無難な黒色ばかりを選んでしまう……ということに陥りかねない。
黒色はどんな肌色、髪色にもマッチするし、スリムにも見えるが、どうもありきたりで地味になりがちだ。美容業界ではさまざまなカラーを導入しているが、同じようにアパレルの世界でも、消費者にもっと“色”を知って体験してもらおうと、ニュージーランドのアパレル「A.S. Colour」では、メディア代理店のFCB Aucklandとコラボレーションして、ユニークな試みをスタートしている。
◆ショップウィンドウをディスプレイにして診断
ニュージーランドのBritomartという場所にある店舗に、デジタルカラー診断ツール「A. S. Colourmatic」を設置した。店舗のショーウィンドウがインタラクティブなディスプレイになっていて、まず、来店客はそのディスプレイの前に立つ。そして、自分の性別を入力。
すると、システムが客の現在の服装の分析を開始。システムは、季節や現在の流行、またユーザーの服装にオリジナリティがあるかなどといった要素を考慮に入れ、全体の調和が取れているのか、服装の診断をおこない、1~100の間で総合評価を表示する。そして改善点と併せて、店内にあるおすすめのアイテムを提案をしてくれるという流れだ。
◆店のラインナップに誘導し、売上は16%もアップ
店内には50ものカラーラインナップがあって充実している。これまでに1万人以上の来店客が、このシステムにトライしており、店の売上は16%アップ、また客の服装評価の平均も28%向上したという。
客側としては、先入観を取っ払って、自分に似合うカラーが見つかるかもしれないワクワク体験ができる。店としても、話題性があるだけでなく、店の売上にも貢献してくれるなら、まさに言うことなしのプロジェクトだろう。今後、他店舗への導入も視野に入れているという。
A.S. Colour

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。