ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「Operaブラウザ」がv22にバージョンアップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Opera Sofwareは6月17日、Android向けブラウザアプリ「Android用Operaブラウザ」の新バージョンv22をリリースしました。v22では、アプリの中核をなすHTMLレンダリングエンジンがChromium 35ベースに刷新されたほか、次の機能の追加や変更が行われました。新機能と言えるのは、タブマネージャーでサムネイルをスワイプアップで削除できるようになったことと、同じ画面のメニューリストから直前に閉じたタブをワンタッチで復元できるようになったことくらいでしょう。また、「ディスカバー」パネルのコンテンツの上下が揃えられて以前よりも見やすくなり、「進む」ボタンや「ページ内検索」ボタンのアイコンが新しくなるなど、一部のUI要素も更新されました。このほか、ダウンロード機能において、巨大なファイルをダウンロードする際の問題の修正や安定性の向上を目的とした変更も行われているそうです。「Opera」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
SonyはQXレンズスタイルカメラの新モデルを開発中? 30倍ズームをサポートしているという噂も
NTTドコモ、国内初となるVoLTEを利用した音声通話サービスを6月24日に開始、まずはGalaxy S 5が対応
ソフトバンク、「スマ放題でつかみ放題」キャンペーンや「スマ放題で焼肉食べ放題」キャンペーンを実施、6月26日には料金シミュレーターを公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP