ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【速報】ニューヨーク市警の“心霊体験”をホラー監督が映画化―― 『NY心霊捜査官』[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

s-NY-sinrei

『エミリー・ローズ』『フッテージ』などのホラー映画を手掛けたスコット・デリクソン監督と、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジェリー・ブラッカイマーがタッグを組んだ新作映画がやってきます。9/20公開の映画『NY心霊捜査官』です。

なんとこちら、実在する元ニューヨーク市警の巡査部長、ラルフ・サーキ氏の体験した実話を映画化したものとなっています。

s-main

霊感を持つニューヨーク市警の男・ラルフ。彼は、動物園で子供をライオンの檻に投げ捨てた女を逮捕しますが、彼女は何かにとりつかれたかの様に震え、口から泡を吹いていました。
また別の夜、妻に尋常ならぬ暴力を振るった男を逮捕しますが、彼も何かにとりつかれたかの様に狂気にふれているのでした。
まったく別物かに思われたいくつもの事件が、現場の壁に刻まれた “INVOCAMUS”(呼び寄せる)の言葉によって結びついていきます。それが悪霊の仕業であることにラルフが気付いたとき、彼の家族にも魔の手が忍び寄ろうとしていました――。

出演はエリック・バナ、エドガー・ラミレス。
スコット・デリクソンとジェリー・ブラッカイマーという意外な組み合わせにも期待が高まります。一体どんな作品に仕上がっているのか、本当に起こっていた悪霊事件とは一体どんなものなのか……続報をお待ちください!

映画『NY心霊捜査官』
公開日:2014/9/20
監督・脚本:スコット・デリクソン(『エミリー・ローズ』)
出演:エリック・バナ(『トロイ』) エドガー・ラミレス(『ゼロ・ダーク・サーティ』 
プロデューサー:ジェリー・ブラッカイマー(『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ)

このほか、ホラー・スラッシャー・ゾンビ作品の情報は『ホラー通信』をご覧ください。
s-sub1
s-sub2

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。