ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

hi-ho、「hi-ho LTE typeD」とASUS製Androidタブレット「Fonepad 7 LTE(ME372CL)」のセットコースを7月1日より提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インターネットサービス・プロバイダのhi-hoが同社のモバイルデータ通信サービス「hi-ho LTE typeD」とASUS製Androidタブレット「Fonepad 7 LTE(ME372CL)」のセット販売を7月1日より行なうと発表しました。今回のセットコースは「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート」のSIMカードと音声通話対応の7インチAndroidタブレット「Fonepad 7 LTE」(SIMロックフリーです)をセットにしたもので、「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with Fonepad 7 【LTE】」という名称で提供されます。このコースでは、「hi-ho LTE typeD」シリーズで提供されているデータ専用プランのみを選択することや、データ通信+SMSオプション、データ通信+音声通話オプション(SMS付き)を選択することができます。また、MNPを利用して他社から番号をそのままにhi-hoに乗り換えることもできます。月額費用は、データ通信専用SIMの場合:2,280円/月(2年間)、933円/月(3年目以降)データ通信・SMS機能付きSIMの場合:2,280円+140円=2,420円/月(2年間)、1,073円/月(3年目以降)音声通話対応SIMの場合:2,280円+1,000円=3,280円~/月(2年間)、1,933円/月(3年目以降)なお、初期費用として3,000円が購入時に発生します。Source : hi-ho



(juggly.cn)記事関連リンク
3Gに対応したLG-W105S/Lが韓国で認証を取得、LG G Watchのセルラーモデル?
LG、McAfeeと共同でLG G3に“Kill Switch”機能を実装
Sony Mobile、SmartWatch 2やSmartBandからSony製Wi-Fiデジカメを操作できるAndoridアプリ「アクションカメラプラグイン」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP