体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニコ生人気No.1の男”緑”独占取材! 『ミドリンピック』にいってみた

緑

『ニコニコ生放送』で一番人気の放送者をご存じだろうか?
その名は「」。怪しいマスクを被った男で、ひとたび放送を始めると数秒で1000人の視聴枠が一杯になる人気者だ。なぜ彼はそんなにも人気があるのか。彼の主催した『ミドリンピック』というイベントを訪ねて、独占インタビューしてみた。

『ニコニコ生放送(以下ニコ生)』をヘビーに視聴するユーザー、通称”生厨”の間で緑の名前を知らないものはいない。ファンの数ともいえるコミュニティ登録人数は37000人以上、公式イベント『ニコニコ動画大会議ツアーファイナル』では生放送者の代表として出場し、会場を沸かせた。

コミュニティ

緑の番組の人気は、軽妙な毒舌トークだ。なれ合い禁止、放送中の笑顔禁止を掲げて、「イケメンを許さない」などのテーマで世の中の勘違い野郎をぶった切る放送を行っている。放送中は携帯電話番号をさらしており、反論の電話をかけてきた者とはガチンコバトルをする覚悟を見せる。討論相手に放つ「しりまへんがな!」という決め台詞は、芸人のギャグさながらに多くのファンに真似されている。他にも出会い系業者に電話をする、スクラッチくじをする、ニコ生ワーストワン配信者を決めるなど、毒の入った企画で楽しませてくれる。

配信の様子

何よりも緑のファンが楽しみにしているのは、波瀾万丈な彼の人生そのものだ。住所がばれて自宅に非常識な男が押しかけてきたときは放送中に押し問答をし、税務署が600万円以上の未納金を徴収にきたときは職員とやりとりをし、野外で配信して警察の尋問を受けようと放送し続ける…。TVではとても見られないリアルな姿に「今日は何が起きる!?」「これは本当なのか!?」と目が離せない。

尻

そんな緑が主催した企画の一つが『ミドリンピック』だ。体育館を舞台に、ニコ生の人気女性配信者が商品の『PlayStation 3』をかけて争うイベントだ。今回は第二回となり、出演したのはミソティモドラゴン、ハニー、いべりこ、ニック木村、ミルキースネーク、ひまわり、まったんの7名だ。

びんた

おしりを突き出して相手を倒すしり相撲大会、嫌いなメンバーをフリップに書かせる本音丸出しクイズ大会、スタッフの一人を選んでビンタをし、その音の大きさを競うビンタ打撃音対決など深夜番組さながらの競技が繰り広げられた。全員素人ならではのグダグダとした感じはあったものの、正真正銘やらせなし編集なしの番組内容はインターネット生放送ならでは。日曜朝9時スタートという視聴しにくい時間にも限らず、同時に5000人以上の視聴者が笑いを表す「wwwww」のコメントを入力しながら見ていた。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。