ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セガの人気ハード機が美少女に! SEGA(「セガ・ハード・ガールズ」)原作/監修TVアニメ『Hi☆sCoool!セハガール』2014年10月放送開始!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

トムス・エンタテインメントはセガと共同で、「セガ・ハード・ガールズ」でおなじみのセガハード擬人化プロジェクトのTVアニメ化企画『Hi☆sCoool! セハガール』(ハイ・スクール!セハガール)を、2014年10月の放送に向け、製作開始したことを発表しました。

「セガ・ハード・ガールズ」とは


セガがこれまで発売してきたゲームハードを、人気イラストレーターKEI氏の手により美少女へと擬人化したプロジェクトです。これまでライトノベルの刊行を始めとして、『サムライ&ドラゴンズ』や『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』などのゲームタイアップも展開され、今回満を持してのアニメ化となります。アニメ化にあたっては、セガ公式監修の下、セガ歴代ゲームのキャラクターモデルやゲームBGMなど、実際にゲーム内で使われている「本物」が、アニメ作品中に数多く登場します。

制作スタッフ

3DCGアニメ『gdgd妖精s』の菅原そうた氏を監督に、『ゲームセンターCX』などを手掛ける放送作家、岐部昌幸氏を脚本に迎え、バラエティ豊かでアニメ・ゲームファンのツボを狙った作品作りを行います。なお今回のアニメは、キャラクターの動きや表情付けにMMD(MikuMikuDance)を採用しています。ディレクションは、ニコニコ動画にてMMDPとしても有名なポンポコP氏が担当。また、CGキャラクターデザインには、モデリングの可愛さで定評のあるキオ氏が担当します。背景や作品の世界観を彩るCG制作全般については、ハイ・クオリティ短編CGアニメ『ファイアボール』を制作したジーニーズが担当し、同作品のCG監督である渡辺誠之氏をリーダーに、MMDとハイ・クオリティCGの融合を狙い、斬新な表現スタイルを目指します。

※放送情報などの詳細は、今後決定次第、随時公開予定です。

ストーリー

東京都羽田・大鳥居にある「セハガガ学園」に入学した、ドリームキャスト、セガサターン、メガドライブの3人。そこに現れた怪しげな先生から卒業単位
取得のための課題を出されるが、課題をクリアするには、セガのゲーム世界に入る必要があるという。はたして彼女たちは無事に卒業できるのか……?

キャスト

ドリームキャスト:M・A・O
主な出演作品:
「世界征服~謀略のズヴィズダー~」/駒鳥蓮華役
「Z/X IGNITION」/フィエリテ役

セガサターン:高橋未奈美
主な出演作品:
「アイカツ!-アイドルカツドウ!-」/風沢そら役
「ログ・ホライズン」/明日架役

メガドライブ:井澤詩織
主な出演作品:
「ガールズ&パンツァー」/園みどり子役
「銀の匙 Silver Spoon」/吉野まゆみ役

原作・監修       :SEGA(「セガ・ハード・ガールズ」)
監督          :菅原そうた
脚本          :岐部昌幸、菅原そうた
原作キャラクターイラスト:KEI
CGキャラクターデザイン :キオ、菅原そうた
CGディレクター     :渡辺誠之(ジーニーズ)
MMDディレクター    :ポンポコP(6次元アニメーション)
アニメーション制作   :トムス・エンタテインメント、ジーニーズ
製作          :SEGA/セハガガ学園理事会

セガ・ハード・ガールズ公式ホームページ
http://shg.sega.jp/
公式Twitter アソビン教授(セガ・ハード・ガールズ)
http://twitter.com/SHG_Official [リンク]

(C)SEGA/セハガガ学園理事会


■関連記事(ゲームライフニュース)

『アフターバーナーII』から『龍が如く 維新!』まで! コンピアルバム『セガ・サウンド・コレクション』配信開始
新作対戦格闘ゲーム『ブレードアークス』最新映像&ストーリーとロケテスト版参戦キャラクターを公開!
フォロー&リツイートして豪華賞品をゲット! 6月3日のセガ創立日記念『Twitter』キャンペーン開催!
『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』に「司波深雪」&「逢坂大河」が参戦! サポートキャラ「司波達也」「高須竜児」など新キャラクター紹介映像も公開!
セガの大規模クロスメディア展開プロジェクト! トレーディングカードゲーム『ヒーローバンク バトルカード』発売決定!

カテゴリー : エンタメ タグ :
せんとすの記事一覧をみる ▶

記者:

ゲーム系のレビュー記事などを書かせて頂いております。宜しくお願いいたします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP