ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ソニック」実写&CGアニメ化決定! 映画館で大暴れする姿が見れるぞ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ソニック
大手ゲームメーカー・セガの大人気シリーズ「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」が実写とCGアニメーションによって映画化されることがわかった。

人気キャラクターのソニックを主人公に、ライバルのDr.エッグマンやお馴染みのキャラクターたちがはじめてスクリーンに登場。世界中のソニックファンはもちろんのこと、それ以外の人にもソニックの魅力が伝わるような作品に仕上げたいとのこと。

なお、公開時期は今のところ未定となっている。

MARZAとSPEが共同制作

MARZA

本作は、グローバルに展開するCGアニメーション会社のMARZAと、映画会社の米国ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)が共同で制作を手がける。

プロデューサーは、カーレージングのド派手なアクションが人気の映画「ワイルド・スピード」シリーズや、映画『アイ・アム・レジェンド』など、多くのヒット作で知られるNeal H. Moritzさんを筆頭に、MARZAの伊藤武志さんと大西美枝さんが担当。

そして、エグゼクティブプロデューサーとしてToby Ascherさんが参加し、SPEの制作統括はHannah MinghellaさんとAndrea Giannettiさんが務める。

MARZA制作の『キャプテン・ハーロック』/(C)LEIJI MATSUMOTO/SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK Film Partners

制作を手がけるMARZAは、2013年9月に公開された、松本零士さん原作のアニメ「宇宙海賊キャプテンハーロック」をフルCGアニメーション映画で制作したことで注目を集めた。

今回の映画『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のCGアニメーションもMARZAが務めるということで、すでにファンの間では期待が高まっている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP