ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ネットせどり」向いている人はどんな人?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 インターネットが登場してから、普段あまり時間のない会社員や主婦の人たちも気軽に副業ができるようになった。「もう少し収入があれば…」の、「もう少し」だけでも副業で稼ぐことができれば、家計も大いに楽になるはずだ。

 今、注目を集めている副業が「ネットせどり」だ。「ネットせどり」とは、CD・DVD・家電などの商品をネットショップやオークションサイトで仕入れて、それ以上の値段でアマゾンやヤフオク!などで販売し、その売買の価格差を稼ぐビジネスのこと。
 今回、新刊JPは新刊『月10万円ラクに稼げる「ネットせどり」入門』(日本実業出版社/刊)を著した浅井輝智朗さんにお話をうかがった。「ネットせどり」は果たしてどのくらい収益を見込めるのか? 今回はインタビュー後編だ。

 ◇    ◇    ◇

――副業として「ネットせどり」を始めるときのポイントを教えて下さい。また向いている職業などはありますか?

浅井:副業でネットせどりを行なう場合、実店舗で仕入れようとすると、店舗に行く時間が必要になり、プライベートの時間を多く割くことになります。それだと大切な家族や恋人との時間を取れないこともあると思います。ネットせどりの場合は、ネット環境さえあれば、スキマ時間で仕入れができるので、好きなときに好きなだけ稼ぐことができます。
会社でインターネットが使えるからと言って、社内でネットせどりをすることはしないでくださいね。公私を分けるのは社会人としてのルールです。
向いている職業はとくにないですが、コツコツ作業をするのが好きな方には、ネットせどりは向いていると思います。

――売り値があがる商品の特徴、プレミア価格がつくときの前兆などがあれば教えてください。

浅井:売り値が上がる商品の特徴は、「需要>供給」の場合に起きます。つまり、欲しがる人が多くて商品が少ないときですね。逆に、「需要<供給」の場合には逆に売値が下がります。これが市場の原理なのですね。
傾向としては、一部の限定品などは、市場の在庫が決まっているので、そういう品物にはプレミアが付く傾向があります。ここでは話し切れないので、興味がある方は本書を読んでいただきたいですね。

――「ネットせどり」だけで月でどのくらいの収益が見込めるものなのでしょうか。インターネットで調べたところ、ヤフオク!で1億円を稼いだという方もいらっしゃいました。

浅井:ヤフオク!で1億円を稼いだというのは、おそらく私の友人ですね。そこまでは行かなくても一般的な副業レベルでしたら現在月商100万円以上稼いでいる人は本当に多くなっています。初心者の方のなかでも、2〜3か月で月10万円の利益を出す人もいます。利益は一般的に20%取れればまずまずです。
実際に本業で行っている友人の場合だと、月商3000万円稼いでいる人もいます。そこまで行くのは特殊ですが。
行動量と、行動力が備わっていて、稼ぐための器、マインドセットと呼ばれるものができてくれば、ネットせどりだけでも月収レベルで100万円くらいまでは稼げるようになると思います。

――「ネットせどり」をしているときのNG行動はなんですか?

浅井:自宅で簡単にできてしまうのが最大のメリットの1つですが、インターネットを使って行なう商売なので、仕入れをしているはずが、ついついネットサーフィンをしてしまうこともあります。その時間は、稼ぎには直結しない時間なので、稼ぐという観点からすれば、ネットサーフィンの時間は減らし、商品をリサーチする時間をキッチリとることを意識してみてください。

――このインタビューの読者の皆様にメッセージをお願いします。

浅井:この『月10万円ラクに稼げる「ネットせどり」入門』は、私が持っている25年の知識をふんだんに詰め込みました。
ネット上の物を仕入れてネットで販売すれば稼げると言うと、にわかに信じがたいかもしれません。本書に書いてある内容を1つひとつ実践してもらえれば、本書の目的である「月10万円の副収入」は必ず稼げます。ぜひ本書を読んで、1人でも多くの方に実践して欲しいですね。最後まで読んでいただきありがとうございました。

(了)



(新刊JP)記事関連リンク
「ネットせどり」が副業として注目されている理由(インタビュー前編)
家にいながらできる、今話題の最もカンタンな“副業”とは?
新たなネットビジネス「アマゾン輸出」のメリットとは

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP