ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年6月のスマートフォン速度調査 全国主要都市で最速はiPhone/Androidともソフトバンクの結果に

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


MMD研究所は、ドコモ・au・ソフトバンクの『iPhone 5c』と各キャリアから発売された夏モデルの主要なAndroid端末を使用して調査した『2014年6月最新Android、iPhone 5c 全国主要都市速度調査』を発表。ダウンロードの平均速度でiPhone/Androidともにソフトバンクが優勢、ダウンロード平均速度が20Mbps以上の調査スポット数ではiPhone/Androidともソフトバンクが最多という結果が明らかになっています。

調査は2014年5月24日から28日の期間、札幌、盛岡、仙台、東京、横浜、金沢、名古屋、京都、大阪、岡山、高松、広島、福岡、熊本の14都市95か所で実施。3キャリアの『iPhone 5c』と、Androidではドコモ『Xperia Z2 SO-03F』、au『GALAXY S5 SCL23』、ソフトバンク『AQUOS Xx 304SH』の端末を使用しています。速度調査には『RBB TODAY SPEED TEST』アプリを利用、10~19時の時間帯に同じ条件下で各端末で3回計測した平均値を記録しました。全調査スポットのLTE化率は100%とのこと。

ダウンロード平均速度はiPhone/Androidともソフトバンク優勢


ダウンロード平均速度は、iPhoneではソフトバンクが29.67Mbpsで最速。続いてドコモが25.33Mbps、auが20.67Mbpsという順番になりました。Androidではソフトバンクが29.89Mbpsで最速となり、続いてドコモが28.02Mbps、auが25.12Mbpsという順番に。

調査スポットでの最速地点の結果も発表されています。auのAndroidで高松・高松空港で記録した87.97Mbpsがこの調査での最速地点とのこと。ドコモの最速地点はAndroidで金沢・堅町ストリートの74.80Mbps、ソフトバンクの最速地点はiPhoneで金沢・香林坊109の66.37Mbpsという結果に。

20Mbps以上の調査スポット数もソフトバンクに軍配


95か所の全調査スポットについて、10Mbps単位で「50Mbps以上」「40Mbps以上50Mbps未満」「30Mbps以上40Mbps未満」「20Mbps以上30Mbps未満」「10Mbps以上20Mbps未満」「10Mbps未満」の6段階に分けた速度分布も調査。

iPhoneで20Mbps以上の速度が出る調査スポットの比率はソフトバンクが75.8%、ドコモが62.1%、auが42.1%という結果になりました。Androidではソフトバンクが82.1%、ドコモが68.4%、auが61.1%という結果に。

調査スポット数が異なるので直接比較できませんが、3月の調査結果と比較してもキャリア別の順位は不変。ソフトバンクの首位を守る善戦が目立つ結果になっています。

参考記事:
2014年3月のスマートフォン速度調査 47都道府県主要都市でiPhoneの最速はソフトバンク Android最速はソフトバンクにドコモが肉薄
http://getnews.jp/archives/532828

出展:MMD研究所

『2014年6月最新Android、iPhone 5c 全国主要都市速度調査』(MMD研究所)
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1310.html

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP