ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本人が行かない!? バンコクのタイ南部料理店『カオジャオ』が安くて美味しくてオシャレ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、モムです。とってもオシャレで日本人好みの味のはずなんですけど、あまり日本人が行かないバンコクのタイ南部料理店『カオジャオ』をご紹介したいと思います。

『カオジャオ』はバンコクの中心部、トンロー地区にあって、とてもオシャレで緑豊かな敷地にあります。わざわざ遠くからクルマでやってくるハイソなタイ人も多いんですよ。

『カオジャオ』でおすすめなのは、リンゴのサラダ(タムアップル)とタイ風チャーハン(カオパットトムヤム)です。

タイはとても暑いですから、リンゴの酸味が涼しさを感じさせてくれます。ややスパイシーなので、爽やかな汗をかきます。でもそれが気持ち良いんです。

タイ風チャーハンはちょっと濃い目ですが、それがタイミルクティーの甘さとぴったり。リンゴのサラダとの組み合わせは抜群です。

もし複数で行くなら、肉の唐辛子炒めも食べてみて下さいね。すっごく辛いけどお肉が柔らかくて美味しいの!

1人1品を注文して、みんなでシェアするといいですよ。1人で行く場合は2品を量少なめで注文するといいです。でもね、これだけ美味しくて、これだけ沢山注文したのにすごく安いんですよ。

30~70バーツの料理ばかり! だからタイの女子に人気なんです。

でも先日、友達の日本人に聞いたら最近は日本人の女性客が増えていると言っていました。やっぱり日本人の女子はオシャレとグルメに敏感なんですね。

Khao Chao Restaurant And Cafe
341 Soi Thonglor 17 Sukhumvit Rd Bangkok Thailand

Post: GoTrip!
By オイとモム









GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP