ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『告白』「おおかみこども」手がけた川村元気 最新作は絵本『ムーム』

DATE:
  • ガジェット通信を≫


『ムーム』表紙
『告白』など数々の大ヒット映画のプロデューサーであり、30万部突破のベストセラー小説『世界から猫が消えたなら』の著者でもある川村元気さんが、新作の絵本『ムーム』を6月20日(金)に発売する。

絵を担当したのは、木村カエラさん「Sun shower」PVのイラストレーションなどを手がける新進気鋭のイラストレーター・益子悠紀さんだ。

凄腕映画プロデューサーと新進気鋭イラストレーター

絵本『ムーム』の著者・川村元気さんは、数々のヒット映画を世に送り出した東宝の名物プロデューサーであり、ベストセラー作家でもある。

川村元気さん・著の絵本『ティニー』表紙

これまでプロデュースしてきた映画は、『電車男』、『告白』、『悪人』、『モテキ』などの実写作品や、『おおかみこどもの雨と雪』や『聖☆おにいさん』といったアニメーション作品まで幅広く、そしてその多くで大ヒットを生み出している。

さらに映画だけでなく、2012年には自ら小説『世界から猫が消えたなら』を執筆し、たちまち30万部を突破するベストセラーとなった。

なお、川村さんが絵本を制作したのは今回が初めてではなく、2013年には『ティニー ふうせんいぬ の ものがたり』を発表し、2014年には『ふうせんいぬティニー』として、NHKでの連続TVアニメ化も決定している。

また、『ムーム』の絵を担当した益子悠紀さんは、木村カエラさんの「Sun shower」のPVで用いられたイラストや、明治Yoplaitのヨーグルト「グルト!」のキャラクター制作などを手がけた気鋭のイラストレーターだ。

Sun shower / 木村カエラ

谷川俊太郎も絶賛!

『ムーム』作中のカット

『ムーム』作中のカット

本作は、“ムーム”と“ルミン”という2人の不思議な生き物の出会い・恋・別れを描く、悲しいけれど、とても幸せを感じる物語。

詩人・谷川俊太郎さんも以下のように推薦のコメントを寄せている。

こころのなかで いろがおどって かたちがうたって
ことばがわらって ムームがうまれて ちょっぴりないた!
谷川俊太郎さん

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP