ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

凄まじい緊張感と青春のパッション! 「スイートプールサイド」番外編“剃毛シーン”の一部を公開

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「惡の華」の人気漫画家・押見修造先生の初期傑作を『アフロ田中』『自分の事ばかりで情けなくなるよ』等の松居大悟監督がまさかの実写化。毛のない男の子と毛深い女の子の青春剃毛映画『スイートプールサイド』が、松竹メディア事業部配給にて6月14日(土)より全国公開となります。

映画公開直前の6月9日(月)に発売となる「別冊少年マガジン」7月号に漫画「スイートプールサイド」番外編が掲載。映画を観てインスピレーションを得た押見先生熱望して実現したこの番外編は、夏休み中プールの更衣室で太田が後藤の毛を剃る様子が事細かに描かれています。

「映画の描写のようにとにかくねっとり描きたかった」という押見先生の思いが伝わる番外編の一部を、掲載号の発売前に初公開。このわずかな瞬間にも感じる凄まじい緊張感と青春のパッションを感じろ!

映画『スイートプールサイド』は男子なのに毛が生えないことに悩む高校1年生・太田が同じ水泳部の毛深い女子・後藤綾子(刈谷友衣子)に「太田くん……私の毛を剃ってくれない?」と、とんでもないお願いをされる事からはじまるストーリー。毛に悩むふたりのヒミツの関係が時に切なく、時に息苦しく描かれているのでこちらも注目。はぁ、大人になると「若さ」って眩しいけど、その最中にいる本人は辛いよね……。

ガジェット通信では、押見修造先生のインタビュー記事を近日公開予定なので、こちらもお楽しみに。

http://sweetpoolside.jp

(C)2014松竹株式会社

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP