ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャパンディスプレイ、20%の消費電力削減を実現した7インチWQXGAのホワイトマジック液晶を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジャパンディスプレイが新開発の「local dimmingバックライト(部分駆動バックライト)」を備えた7インチWQXGAのホワイトマジック液晶を開発したと発表しました。ホワイトマジックは従来のRGBの画素に加えて、白(W)の画素を追加することで、輝度の向上と消費電力の削減の両方を実現しています。今回発表された新型ホワイトマジックでは、部分的にバックライトを制御できる「local dimmingバックライト」を追加したことで、従来型に比べて20%の消費電力の削減を可能にしているのです。「local dimmingバックライト」の配置場所は導光板の縁ということで、液晶ユニットの厚みも従来型と同レベルを実現しています。液晶モジュールはLTPS IPS。サイズは7インチ2,560×1,600ピクセル(WQXGA)。画素密度は431ppi。コントラスト比は2,200:1 (最大19,000:1)。NTSC比は70%。視野角は上下左右160度。輝度は最大500カンデラ。ユニットの厚みは1.16mm。額縁の厚みは左右1.0mmとなっています。Source : ジャパンディスプレイ



(juggly.cn)記事関連リンク
Google Playストアを介さずにAndroidアプリをダウンロードできる「APK Downloader」のAndroidアプリ版が登場
Android用ホームアプリ「GO ランチャー EX v5.0」がリリース、UIが全面リニューアルされる
ピクセラ、ワイヤレステレビチューナー「PIX-BR310L」のリモート視聴機能をAndroid / iOS向けに提供開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP