ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実写版マリオはイケメン筋肉質だった「メルセデス・ベンツ新型GLA」のCMに出てくるイケメンなマリオを実際みてきた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

イケメンマリオ

(すべての画像と動画を見たい方は、ガジェット通信サーバー上の記事をご覧ください。こちらのリンクをクリック)

以下3枚の画像は、メルセデス・ベンツの新型コンパクトSUV「GLAクラス」のコマーシャル映像からの引用だ。昨日発売された「マリオカート8」パッケージのマリオも相当りりしい顔をしているが、このコマーシャルに出てくる実写版マリオもかなりのイケメンである。

イケメンマリオ 新型GLAのCMより

イケメンマリオ 新型GLAのCMより

なぜかクリボーも野趣あふれまくり。

ワイルド感が増したクリボー 新型GLAのCMより

5月29日にメルセデス・ベンツが東京でおこなった新型GLA発表会にこの「イケメンマリオ」が登場するというので、実際にみてきたぞ。

「マリオは太っちょおじさん」という既成概念をくつがえすイケメン・マッチョぶり

イケメンマリオの写真をたくさん撮ってきたのでみてほしい。

ハグするイケメンマリオ
イケメンマリオ

横からみたらかなり胸板が厚いイケメンマリオ
イケメンマリオ

エネルギー有り余ってる感じのイケメンマリオ「ウォー!」って感じ
イケメンマリオ

マリオ、ベンツに乗る。発表会場の天井にあった飾り付け
マリオ、ベンツに乗る

イケメンマリオが出演しているCM動画


メルセデス・ベンツの新車は見た目エレガント、中身は筋肉質

しかしメルセデス・ベンツはなぜこんなイケメンで筋肉質のマリオをCMに起用したのだろうか。

実は今回発表された新車「GLA」は、見た目はコンパクトでエレガントなのだが、その中身はオフロードも走行可能であり、今回発表された「GLA 45 AMG 4MATIC」においては、量産型としては世界一パワフルな360馬力の4気筒ターボエンジンを搭載しており、スポーティかつ「筋肉質」なものとなっている。

おそらくその見た目と中身のギャップをこのイケメンマリオで伝えたかったのだろう。

マリオとベンツ

mario03

尚、この日「マリオカート8」にダウンロードコンテンツとして「GLA」のカートが提供されることが発表された。ダウンロード開始は夏とのことで、ガジェット通信としてはこれも楽しみだ。秋には六本木でマリオカート8の大会が実施されるそうだ。

gla05

gla01

gla03

先進の機能を搭載

「GLA」には、オフロードを意識した機能や、安全性能を高める機能が各種提供されている。詳しくは後日試乗などした上でご紹介したいが、記者が気になった機能をご紹介

・ブラインドスポットアシスト:車の斜め後ろにある「死角」にいる車両との衝突を避ける機能。リアバンパー左右にレーダーセンサーがあり、死角エリアをモニタリング。そこにいる車両に気づかずドライバーがウインカーを作動させると、警告音を発すると同時にドアミラーのインジゲーターが作動する。

・アテンションアシスト:高速道路などでの長時間走行にわたる単調な走行によるドライバーの疲労をサポートする。運転スタイルを70以上のパラメーターで監視し音とディスプレイで警告してくれる。

・レーンキーピングアシスト:ドライバーの疲労による、走行車線逸脱を教えてくれる。一定条件下で車がレーンからはずれると、ステアリングが微振動する。

・オフロードスクリーン:方位、勾配、横の傾き、前輪の切れ角などをワイドディスプレイに表示できる機能。オフロードでの走行を楽しく。

・ダウンヒル・スピード・レギュレーション:急勾配を下り走行する際、車速を一定に保つ機能。レバー操作により、下るスピードを設定でき、その速度に保つ。

gla02

gla09

gla08

gla07

gla06

gla04

glain01

glain02

glain03

glain04

glain06

mario04

mario06

mario11

mario12

mario13

mario14

mario20

(C)Nintendo

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる ▶
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。