ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クラリオン、Androidベースの業務車両向け端末を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カーナビやカーオーディオ製品でお馴染みのクラリオンが、同社としては初となるAndroidをベースにした車載端末を開発したと発表しました。同社が開発したAndroid車載端末は業務車両向けです。ではなぜ、Androidを採用したのかというと、外部のアプリベンダーが業務アプリの開発を容易に行えて、様々な業種・業務への対応も迅速に行える点を挙げています。また、クラリオン独自のナビAPIによって外部からのナビをコントロールしたり、Androidの多彩なユーザーインタフェースで外観や操作性をカスタマイズすることも容易に行えます。同社はサードパーティの業務アプリ開発支援のためのAPIや開発者用キットの提供も検討しています。ほかにも、Wi-Fiまたは3G通信を利用して外部サーバーと通信することや、センサーを利用した正確な自動位置精度を取得することも実現しています。端末は24時間/365日の連続運転を考慮した設計で、12/24V電源に対応しています。クラリオンのAndroid車載端末は東京ビッグサイトで明日まで行われる「運輸システムEXPO2014」の同社ブースで展示されます。Source : クラリオン



(juggly.cn)記事関連リンク
Huawei、「Ascend G6」を国内向けにSIMロックフリーで発売、
Xperia Z2 Tablet Wi-Fiが国内で販売開始
Meizuが1,000台限定の「Meizu MX3 银翼版(Silverwing Edition)」を発売、ファンによって作成されたコンセプトデザインを商品化

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP