ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、5月30日よりブラジルでのLTE国際ローミングを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは5月29日、同社の国際ローミングサービス「グローバルパスポート」のLTEエリアに明日5月30日よりブラジルを追加すると発表しました。ワールドカップの開催に間に合いましたね。これで、ブラジル国内でも「4G LTE」対応のauスマートフォン・タブレットであれば、現地のLTEネットワーク内でデータ通信を行なうことが可能になります。しかし、サービス開始時点の対応機種は、iPad AirとiPad mini Retinaディスプレイモデルのみとなっています。KDDIの発表によると、ブラジルではClaroとVivoのLTEネットワークにローミングできるそうです。今回のエリア拡大によって、グローバルパスポートのLTE対応国・地域数は15となります。LTEでのローミングも「海外ダブル定額」の対象となっているので、同サービスに加入していればパケット通信量4万円分までは1日1,980円、4万円を超過した場合は1日2,980円の定額料金でデータ通信を行なうことができます。Source : KDDI



(juggly.cn)記事関連リンク
Meizuが1,000台限定の「Meizu MX3 银翼版(Silverwing Edition)」を発売、ファンによって作成されたコンセプトデザインを商品化
Galaxy Tab4が1shopmobile.comとHandtecで発売開始
OmniROMのホームアプリがAndroid 4.4端末で利用可能、“OK,Google”機能のように音声コマンドでアプリを呼び出せる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP