ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年4月のスマートフォン販売シェア、日本ではiOSがトップ、欧州ではWindows Phoneのシェアが各国で増加(Kantar調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

英国の市場調査会社 Kantar Worldpanelは5月26日、欧州5カ国、米国、日本、中国、オーストラリアにおける2014年4月末までの3ヶ月間のスマーとフォン販売シェアを発表しました。まずは欧州5カ国(英国、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア)から。欧州におけるスマートフォン市場上位5カ国を総合すると、Androidが72.4%とダントツのシェアで、シェア自体も前年同期間から1.7%増加しました。続く2位はiOSの17.5%で、3位はWindows Phoneの8.4%という結果でした。Windows Phoneのシェアは前年同期間から1.6%増加しています。この5カ国におけるシェアトップはいずれもAndroidなのですが、スペインとフランスではAndroidのシェアが減少し、イタリアとドイツではiOSのシェアが減少しました。AndroidとiOSは各国で増減が分かれている中、Windows Phoneのシェアは5カ国でいずれも増加しています。次は日本。日本は他の国と違ってiOSがトップでした。しかも、今回は過半数を上回る55.4%と、前年同期間よりも5.6%増加しています。一方、Androidのシェアは43.6%と、前年同期間から0.8%減少しました。最後にスマートフォンの普及が進む中国。中国ではAndroidが79,8%とダントツでした。シェアも前年同期間から7.9%増加しています。iOSは17.5%と6.2%も減少しています。Source : Kantar



(juggly.cn)記事関連リンク
LGが新グローバルフラッグシップ「LG G3」を正式発表、2KディスプレイやレーザーAF機能を搭載
アディダス、シュート・キックテクニック養成サッカーボール「adidas miCoach SMART BALL」を海外で発売、米国では$299で販売中
レイアウト製SmartBand SWR10用デザインシリコンバンド(ホワイト)を試す

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP