体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

7月アニメ『戦国BASARA Judge End』メインキャスト会見で語られた見どころ! 「声優たちがキャリアをかけて戦っています」[オタ女]

140522_basara_繧「繝医Α繝・け繝「繝ウ繧ュ繝シ讒禄IMG_3574

ド派手な演出と破天荒な設定で人気のスタイリッシュ英雄(HERO)アクションゲーム『戦国BASARA』。ゲーム「戦国BASARA3」を元にした新作TVアニメシリーズ『戦国BASARA Judge End (センゴクバサラ ジャッジ エンド)』がついに今年7月放送決定! 発表のあった記者会見には伊達政宗役・中井和哉さん、真田幸村役・保志総一朗さん、徳川家康役・大川透さん、石田三成役・関智一さんといったメインキャストと、カプコンの小林裕幸プロデューサー(通称、こばP)が登場し、新しいTVアニメの内容やアフレコの様子について語りました。

140522_basara_繧「繝医Α繝・け繝「繝ウ繧ュ繝シ讒禄IMG_3880

――新作『戦国BASARA Judge End』はどういった作品なのでしょうか?

こばP:今回日本テレビさんと組み、制作もテレコムアニメーションフィルムさんという新しい座組になっています。ゲーム「戦国BASARA3」という作品では、徳川家康と石田三成が関ヶ原で戦う設定で作っていたんですが、過去のアニメーションでは伊達政宗が豊臣秀吉を倒して、石田三成が恨むのは伊達政宗という、ゲームとはまた違う設定を描いていたので、私としてはゲームの設定での家康と三成の展開も描きたくて。
そしてその設定の中で、伊達政宗と真田幸村という2人の武将を敗戦の将の設定で描いていたんですが、アニメではその部分は最初の少しだけにしてそこまで描かず、元気な2人をやろうかな、という展開で考えています。

――ちなみにJudge End(ジャッジエンド)というのはどういう意味ですか?

こばP:英語的にはかなりおかしい「Judge End」という言葉です(笑)。たぶん正しくはEnd of Judgment(エンドオブジャッジメント)なんですけど、それが長いのと、ちょっといいにくいなと思って。Judge Endの方がBASARAらしくて言いやすいので、勝手に作った造語です。
意味としては、この今来てくださってるキャスト4人の武将中心に、出てくるいろんなキャラクターたちが、それぞれ“エンド”ということで決着がつきますし、ジャッジメントつまり“審判がくだされる”ということでこのタイトルをつけさせてもらいました。
どうなるかは当然言えないんですけども、いろんな武将たちが今回のオリジナルのストーリー展開でドラマチックに、“いろんなJudge Endを迎えていく”と思っていただければいいんじゃないかな、と。
エンドというと寂しいイメージもありますけど、悲しいことばかりではなく、前向きなJudge Endだと思っていただきたいです。

また、この日は第2話のアフレコを終了しての会見。キャストのみなさんに「第2話のアフレコを終えて、今回はどのような作品になりそうですか?」という質問が投げかけられました。

IMG_3930

中井和哉さん:助走はとりあえずなしで、いきなりドーンッとトップスピードに入ってるような、1話2話でしたね。ですから様子見期間無しで、ほんとにBASARAの真髄みたいなところからいきなりスタートするんで、そのスピード感には僕も「おっと、早くついていかないと」となっているような、久しぶりのTVシリーズです。特に政宗的には、ゲームを下地にしてるということで知っている人はわかっていると思うんですが、序盤に大変なことがあるので、いきなりトップスピードで始まったな、という感じはしています。

IMG_3923_ok

保志総一朗さん(以下、保志):前回BASARA3ベースで劇場版をやったわけですが、それは何時間かにすべてを詰め込んで、オリジナルの劇場版という感じだったので、久しぶりのTVシリーズですが、本当に1話1話で本気を出してやっています。中井さんがおっしゃったように、助走なしの全力疾走しかしない作品なので。
ゲームのBASARA3がそのまま描かれるのか、それともTVシリーズならではで、やっぱりすごいクライマックスが待っているのかっていうのは楽しみなので、本当にここでしか見られないBASARA3が見られるんじゃないかな、というのを期待しています。

140522_basara_繝槭え繧ケ繝輔z繝ュ繝「繝シ繧キ繝ァ繝ウ讒禄IMG_3882

大川透さん(以下、大川):ゲームはほぼ毎年のように収録をさせて頂いているんですが、やはりアニメとなると、僕らの仕事の本道というか、キャストが皆で集まって一つの作品を作れるわけですから、僕もやっていて非常に嬉しいことですし、テンションもあがります。
今1、2話アフレコをやってみて、どちらかというと前回まではなかったような、武将1人1人の“リアルっぽい戦い”みたいなものが、今回ちょっとフューチャーされているような気がして、これはまたタッチが違うので楽しみだな、というのがあります。
それと、ストーリー部分では原作BASARA3のままでスタートするのですが、果たしてJudge Endが全員にどういう風にくだされるのか、というのはBASARAですから! いい意味で正直何が起こるか僕らもわからないという状態で、この先の話の展開にワクワクしています。

140522_basara_繧「繝医Α繝・け繝「繝ウ繧ュ繝シ讒禄IMG_3903

関智一さん(以下、関):一番最初は、とにかく今までのメディア化されているものに比べて、よりテンポの良い展開になっているんじゃないかと。セリフ回しとかそういったものも、今まで培ってきたものもありますけど、それをあえて一個壊して新たな世界に進むような、そういう挑戦的な演出も感じます。
1話も2話も、最後には早く次が見たくなるような、すごく引きのあるエンディングを迎えていますので、少年漫画の連載ものをみているような感覚で「来週が早くみたいなあ」と思える作品になっていくのかなぁと。
会話もテンポよく、よりリアリティを増していますし、それでいてBASARAらしいケレン味もあって、本当にあっという間の30分に感じる作品になっていると思います。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。