体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

10万円払って、堀江貴文さんとお寿司を食べるTERIYAKIイベントに参加した話(STORY.JP)

10万円払って、堀江貴文さんとお寿司を食べるTERIYAKIイベントに参加した話(STORY.JP)

今回は『STORY.JP』の荒木 賢二郎さんの記事からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/583934をごらんください。

10万円払って、堀江貴文さんとお寿司を食べるTERIYAKIイベントに参加した話(STORY.JP)

グルメアプリTERIYAKI主催イベントの話になります

■iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/app/id720642382?mt=8

■GooglePlay
https://play.google.com/store/apps/details?id=me.teriyaki.app

みなさんは堀江貴文さんをご存知でしょうか?

以前はホリエモンと呼ばれ、ITバブルの寵児としてヒルズ族の象徴だったあの堀江貴文さんのことです。近鉄バッファーローズ買収提案からのプロ野球参入争い(結局楽天が参入)、広島6区での衆議院議員選挙出馬、ニッポン放送株買い集めからのフジテレビとの提携。

・・・からの通称ライブドア事件(証券取引法違反事件)による5年間の裁判と、2年6ヶ月の実刑判決。

も塀の中から手紙で指示を出して有料メルマガを更新し、数億の年収があったと噂されるほど精力的に活動。昨年(2013年)3月に出所。

出所してからは、収監前から進めていた宇宙ロケット事業、書籍の執筆、グルメアプリTERIYAKIのリリース、焼肉部、7GOGO、ホリエモンドットコムなど、10から20の事業を平行して行っている様。

そんな堀江さんと寿司屋のカウンターで一緒に寿司を食う、というイベントがtwitterのタイムラインに流れてきたのは3月17日午後のことでした。

※流れてきたイベント
「堀江貴文とカウンターで高級寿司を食べる 【限定10名】テリヤキプレミアム食事会」 『Peatix』
http://peatix.com/event/31910
(※イベントは終了しています。)

内容を見ると、堀江さんがプロデュースするグルメアプリTERIYAKIが主催するイベントで、10人限定で堀江さんと一緒に西麻布のいしいという、グルメアプリTERIYAKIにも掲載されているお寿司屋さんで堀江さんと一緒に寿司を食べようという企画。参加費は10万円。

申し込みは抽選ではなく先着だと記載が。

つまり、今この瞬間に申しこめば100%堀江さんに会って話ができるということでした。

数秒間悩んで、すぐに申し込みの手続きをしました。

peatixというチケット発行サービスへ登録し、参加申し込みを行い、クレジッドカードで10万円を支払い、申し込みを完了した時には6番という申し込み番号が発行されました。

あまりの急な出来事で当時はなんとも現実感も無く、よくわからないけどこれで堀江さんに会えるのかと、妙に落ち着いていたと思います。

イベントの日は4月29日の祝日。当日が近づくに連れて実感が湧いてくると、焦りと不安が混じった複雑な感情に襲われるようになりました。

私:ああ、なんか色々考えるぐらいなら申し込まなきゃよかった

私:今からキャンセルとかできないよな。

そんな怖気づいた感情を抑えるために、Kindleで購入していた堀江さんの著書『ゼロ』を何度も読み返し、ついでにKindleで購入したまま放置していた数冊の本を読み、気を落ち着かせる様な日が続きました。

そして当日、19時に西麻布ということで、家を出て髪を切ったり買い物をしたり時間を潰して町をさまよっていました。

カフェに入り、実際に19時から2時間か3時間をどう過ごすのか念入りな脳内シミュレーションを行い、何を目的として、何を聞きたいのかevernoteへメモし、会場で他の参加者と打ち解けるためにどうしたら良いか

- イベント ひとり

- パーティー 声かける

- 気まずい 会話

などとgoogleで検索し、せっかくの機会だから気まずくても一人でスマホを弄るような事はせず、恥をかいてでも積極的に声を掛けて、その中の数人とはイベントが終っても連絡をとりあえる関係を作る事を自らに課しました。

1 2 3 4 5 6次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。