ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新世界の神・人間のクズ……過激すぎる藤原竜也の人生にまた新たな1ページが! “全ての人間を操る”壮絶な1週間

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「すべての人間を操れる男」と「唯一、操れない男」の激突を描く超大作。対立する能力を持って生まれた運命の2人、果たして、生き残るのはどちらか? 『クロユリ団地』中田秀夫監督と日本が誇る実力派2大俳優、藤原竜也さんと山田孝之さん(初共演!)を主演に迎えた新時代のサスペンス・アクションエンターテイメント『MONSTERZ モンスターズ』が、5月30日(金)より全国ロードショーとなります。

藤原竜也さんと言えば、ネット上にリツイートされ続けるひとつのネタつぶやきがあります。

「中3でバトルロワイヤルに参加し、3年後にテロ組織のリーダーに。大学生でデスノートを拾い、社会人で詐欺師になる。その後は借金を背負いクズになり人生逆転ゲームに参加。そこで借金を返せず7日間のデスゲームに参加。そして教祖様となり、今は殺人犯で移送されている藤原竜也の人生ってwww」
(例:https://twitter.com/hima_netabot/status/431894921084026880)

これは、藤原竜也さんがこれまで演じてきた役柄を並べたもの。『バトル・ロワイアル』『バトル・ロワイアル2』『DEATH NOTE デスノート』『カイジ 人生逆転ゲーム』『インシテミル 7日間のデスゲーム』『I’M FLASH!』『藁の楯 わらのたて』など藤原の作品歴の一部で、このツイート以降も『サンブンノイチ』で大金を盗まれて銀行強盗に踏み込む男を演じました。確かに壮絶かつ過激すぎる人生を歩む役どころばかりです。

そして、最新作の『MONSTERZ モンスターズ』で演じるのは、まなざしひとつで人間を自由自在に操れるという世界を簡単に入れられるほどの能力を持つ“男”。“男”は、母親をかばうためにその力で父親を死に追いやり、幼少期にして母親と決別。それ以来、その力を必要な時だけ使い、誰にも存在を知られることなく独り静かに生きてきた……。またしても、壮絶な人生!

『MONSTERZ モンスターズ』の公開を30日に控えた今週は、『DEATH NOTE デスノート』後編と『藁の楯 わらのたて』がそれぞれ地上波で放送。その壮絶な足跡をかけ足で堪能できるおトクな1週間となっています。ちなみに、先日19日に『DEATH NOTE デスノート』前編が放送され、その編成枠としては5年間で視聴率ナンバーワンだったそう。作品のみならず、藤原の“人生”への注目度の高さとも言えるでしょう。

その凄まじい人生を、今週、テレビと映画館で今一度確かめてみてはいかがでしょうか?


『MONSTERZ モンスターズ』ストーリー

ひと目見るだけで、すべての人間を思いどおりに<操れる男>と、唯一<操れない男>。対立する能力を持って生まれた宿命の二人が出会ってしまった時、生死を賭けた壮絶な激闘が幕を開ける!
操れる男は、必要な時だけ力を発揮し、たった独りで静かに生きてきた。彼は絶望の闇に包まれた孤独な人生が、死ぬまで続くと思っていた。唯一操れない相手が目の前に現れるまでは─。彼の名は、田中終一。普通の青年にしか見えないが、彼もまた特別な能力を秘めていた。瀕死の重傷や病気も数日で完治する。驚異の回復力と強靭な肉体を持っているのだ。男は思い通りにならない終一に怒りを燃やし、彼の大切な人を死に追いやる。復讐を誓う終一と、終一の抹殺を決意する男。男は自由自在に大群衆を操り、終一は独りでそれを迎え撃つ。果たして、生き残るのはどちらか? そして、闘いの果てに明かされる、驚愕の結末とは?

『DEATH NOTE デスノート』後編は、5月26日(月)25:59より日本テレビにて放送
『藁の楯 わらのたて』は5月30日(金)21:00より日本テレビでテレビ初放送

http://wwws.warnerbros.co.jp/monsterz-movie/

(C)2014「MONSTERZ」FILM PARTNERS

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP