ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、フォトアルバムを自動作成する「Google+ Stories」とハイライトムービーを自動作成する「Google+ Movies」を提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleは5月20日、Google+の新機能となる「Google+ Stories」と「Google+ Movies」の提供を発表しました。Google+ Storiesは、スマートフォンやタブレと、PCからアップロードされた写真や動画、それらの位置情報を利用して、Google+が自動的にフォトアルバムを作成してくれる機能です。Auto Awesome(おまかせビジュアル)と同様に出来上がったら通知してくれます。作品例はこちらで確認できます。その例だと、旅行で撮影した写真や動画を自動的にフォトアルバム化してくれます。作品はWEBベースのインタフェースで表示され、マウスやキーボード操作をせずに放っておくとスライドショーとして再生され、キーボードやマウスを使ってページを切り替えるとフォトアルバムをめくる感じで別の写真や動画を閲覧できます。Androidでは作品のリンクをタップするとGoogle+アプリ内で閲覧できます。Google+ Moviesは、Auto Awesome(おまかせビジュアル)の動画版みたいですね。こちらもGoogle+がアップロードされた関連する写真や動画を使ってエフェクト、トランジションアニメーション、BGM付きのハイライトムービーを自動的に作成してくれます。これらの新機能は本日配信開始となったGoogle+アプリの最新版(v4.4.0.67576161)にアップデートすると利用できるようになります。Source : Google



(juggly.cn)記事関連リンク
クラウドストレージサービス「Box」のAndroidアプリがv3.0にバージョンアップ、LGのGシリーズには50GBストレージが1年間無償で提供される
ナビバー上のホームボタンがGoogleボタンとなったスクリーンショット
東芝、Googleのモジュール型スマートフォン「Project Ara」に部品を供給へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。