ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年Q1のスマートウォッチ市場、Samsungが71%のシェアを獲得(Strategy Analytics調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国の調査会社 Strategy Analyticsが発表した2014年Q1(1月~3月)のスマートウォッチの出荷台数シェアによると、Samsung製が50万台を出荷して全体の71%のシェアを獲得しました。同社によると、スマートウォッチ全体の出荷台数は前年同期比250%増と大幅に増加しました(約70万台)。まるでスマートフォンが普及し始めた2009~2010年の激増ぶりを彷彿させます。Samsung製以外では、Sony Mobile、Pebbleが上位に入っていたとのことです。2013年におけるスマートウォッチの年間出荷台数は100万台で、Samsungのシェアは約52%とされていました。今回の調査対象期間中にSamsung以外で新型を発売したのはPebbleとQualcommくらいで、他社が未投入ということもあり、これほどの高いシェアを獲得できたものと考えられます。前年同期比250%増のペースが今後も続けば年間出荷台数は350万台以上の規模になろうかと思います。Source : Strategy Analytics



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony、Definitive Outlineデザインを採用した20W出力の2chポータブルワイヤレススピーカー「SRS-X3」を発表
Intel Bay Trail-Tを搭載したASUSのTransformerタブレット「Transformer Pad TF103」には全身ホワイトのモデルも存在
"HTC M8 Prime"の新たな噂に対してHTC幹部が否定のコメントを出す

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP