ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S 5の”Sweet Pink”と”Champagne Pink”は日本限定らしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

左はドコモ版、右はKDDI版

昨日国内で発売された「Galaxy S 5」にはグローバルモデルには無い2種類のピンクカラーが存在しますが、Samsungの発表によると、このカラーリングは日本限定になるそうです。2種類のピンクというのは、NTTドコモ向けの”Sweet Pink”とKDDI向けの”Champagne Pink”です。”Sweet Pink”はビビッドな感じのカラーリングで、”Champagne Pink”はゴールドがかったカラーリングです。Samsungは発表文の中でなぜピンクバージョンを日本限定にしたのか、その理由も述べています。Samsungは、3月下旬~4月上旬にかけて全国で目にする桜や花見の光景、サンリオの人気キャラクター ハローキティのピンクリボンやキティグッズにピンクがふんだんに使用されていることを挙げ、日本人はピンクを愛していると判断しています。それを踏まえ、国内モデルでは女性をターゲットにした第3のカラーリングを提供したかったとしており、国内における消費者選好調査によってピンクが女性に最も好まれる色だったから特別に用意したと述べています。Source : Samsung



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC、HTC One(M7)SIMロックフリー版とDeveloper EditionのSense 6.0アップデートを開始
doubleTwist Playerがv2.4.4にアップデート、QualcommのAllPlayやKitKat端末におけるPC同期に対応
Galaxy S 5 Google Play Edition? 「SM-G900FG」がBluetooth SIGの認証を取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP