ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、1.5TBのHDDを内蔵したAndroid向けメディアストリーミングデバイス「Sasmsung Wireless」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungは5月14日、1.5TBのSeagate製HDDを内蔵したメディアストリーミングデバイス「Samsung Wireless」を海外で発表しました。Samsung Wirelessは、大容量のワイヤレスストレージ、USB 3.0対応の外付けHDD、Wi-Fiルーター、モバイルバッテリーとして機能する多機能デバイス。屋外でスマートフォンやタブレットとの組み合わせで利用すること想定してスリムで軽量な設計となっています。ワイヤrすストレージとしては、Wi-Fi経由でAndroidからファイルをアップロード/ダウンロードすることのほか、Samsung Wirelessに保存されたメディアをストリーミングで再生することも可能。Androidだけではなく、WindowsとMac、DLNA機器にも対応しています。Wi-Fiルーターとしては最大5台までのWi-Fi機器の接続に対応。バッテリー容量は公表されていませんが、連続7時間の動作するらしいので、そこそこ大きいと思われます。1.5TBのHDDには映画なら約750本、MP3ファイルなら約350,000曲保存することができます。Samsung Wirelessの販売価格は$179(約18,000円)です。グローバル史上で発売されると言われていますが、国内での発売予定は発表されていません。Source : Seagate



(juggly.cn)記事関連リンク
シャープとHKT48がコラボ、5月26日より新生AQUOSスマートフォンのプロモーションを実施
人気のギャラリーアプリ「QuickPic」が次期バージョンでリニューアル、Googleカメラのような透過型のスライドメニューが追加される見込み
Samsung、Galaxy Note 8.0 Wi-FiにAndroid 4.4.2へのアップデートを配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP