ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電子書籍販売数が1億冊突破! 『パピレス』が最大1億円分の入会キャンペーンをスタート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


1995年にサービスを開始している日本最古の電子書籍販売会社“株式会社パピレス”が、販売数累計1億冊を突破。これを記念して『パピレス』と電子書籍レンタルサイト『電子貸本Renta!』で毎月先着10万人に100円分のポイントをプレゼントする最大1億円分の入会キャンペーンが2014年5月15日12時からスタートしています。

インターネット黎明期に早くもオンラインでのコンテンツ販売を始めていた老舗中の老舗である『パピレス』。1億冊という数字は、『パピレス』と『Renta!』両サイトを合わせた合計で、会員数も2014年3月には100万人を突破。同月の月間販売数も300万冊以上となっており、スマートフォン・タブレットの普及により電子書籍の利用が拡大していることが示されています。

キャンペーンでは、新規入会ユーザーを対象に『パピレス』の100ポイント、もしくは『Renta!』の1チケットという、いずれも税別100円相当がプレゼントされます。この際、どちらか一方のポイント付与となるので注意。期間は2015年2月28日までとなっています。

実際、100円相当でどういったものが読めるのかといえば……。『パピレス』ならば芥川龍之介・太宰治・吉川英治の名作から河出書房新社のミステリー、ハーレクインの『目覚めたら腕の中』まで。恋愛ものやBLが充実しているのも特徴で、書店で買いづらい作品をここで読むというのも一つの選択肢なのでは?

『Renta!』の方で1チケットで絞ってみると5000件以上がヒット。こちらも『サラリーマン金太郎』『静かなるドン』といった名作からティーンズラブコミックまで幅広くそろっています。

『パピレス』『Renta!』ともにPC・スマホ・タブレットでも利用可能で、全てブラウザ上で閲覧することができるという簡単仕様が魅力。専用端末を導入するのに躊躇しているという人でも電子書籍が楽しめるので、これを機会にお気に入りの一冊を探してみてもいいのではないでしょうか。

1億冊達成記念 最大1億円分入会キャンペーン(『電子書店パピレス』『電子貸本Renta!』)
http://www.papy.co.jp/act/event/camp.htm

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP