ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

来日・サイン会も実施!? 2014年11月から開催予定の『ティム・バートンの世界展』が楽しみすぎる [オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『シザーハンズ』『チャーリーとチョコレート工場』『フランケンウィニー』など、日本でもファンの多いティム・バートン監督。その世界を堪能できる『ティム・バートンの世界展』が2014年11月1日から2015年1月4日まで、東京・六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催。2014年9月上旬よりチケット発売予定となっています。

『シザーハンズ』『チャーリーとチョコレート工場』といったジョニー・デップを主演に迎えたファンタジックな作品や、『マーズ・アタック!』『PLANET OF THE APES/猿の惑星』のようなSF、そして『バットマン』のようなエンターテイメントの王道までさまざまな作品を制作しているバートン監督ですが、キャリアのスタートはウォルト・ディズニー・スタジオのアニメーター。その毒を含んだファンシーな作風は、『ティム・バートンのコープスブライド』(2005年)などでも存分に発揮されています。

世界各地を巡回している展示の詳細は2009年に開催されたMoMAのサイトでリストをダウンロード可能。公式『Twitter』アカウント(@TimBurton_JP)ではイラストや写真、オブジェなどが解説つきで公開されています。中には幻に終わった企画『Romeo and Juliet』のイラストや『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の絵本表紙といった貴重なものも垣間見ることができます。

ファンとしては日本での展示が今から待ち遠しいところですが、公式『Twitter』によると「これまで各地で開催されてきたティム・バートン展の慣例通りであれば、日本のオープニングにティム・バートン監督が来日し、形式はどうあれサイン会が行われるはずです」とのこと。2014年12月には『ビッグ・アイズ』(原題)の公開も控えていることもあり、バートン監督の過去作を改めて振り返るタイミングとしても絶好といえるのではないでしょうか。

ティム・バートンの世界 <オフィシャルサイト>
http://www.tim-burton.jp/ [リンク]

ティム・バートンJP (公式『Twitter』)
http://twitter.com/TimBurton_JP [リンク]

2009 Tim Burton(MoMA)
http://www.moma.org/interactives/exhibitions/2009/timburton/index.php [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP