ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

かしこま! らぁらがこの夏いよいよデビュー! 『プリパラ』最新キービジュアル公開! 【2014夏アニメ】

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2014年7月放送開始のアニメ『プリパラ』の最新キービジュアルが公開、公式3サイトがオープンした。

『プリパラ』は、TVアニメ『プリティーリズム』シリーズを継承した作品。主人公・小学5年生の女の子“らぁら”が、アイドルテーマパーク“プリパラ”を舞台に、アイドルチームを結成してトップを目指す、友情と成長の物語。『プリティーリズム』同様、ゲームとアニメが連動した作品となっており、本作では『プリティーリズム』に登場したハート型のストーンの代わりに“プリチケ”と呼ばれるチケットスタイルのカードを使って、オシャレなステージ衣装にコーデする。

『プリパラ』の主人公となるらぁらは、現在放送中の『プリティーリズム・オールスターセレクション』にて、夏からのアイドルデビューに向けて先輩からアイドルの心得を教えてもらっている最中だ。仲間の大切さや、友情とライバルなど、アイドルとして、ひいては女の子として大事な心得を『プリティーリズム』シリーズの物語を通じて学んでいる。

また、キービジュアルの公開と同時に、タカラトミーアーツ・テレビ東京・エイベックスの3社のホームページが同時オープン。この夏のデビューに向けて『プリパラ』が動き始めた!

キービジュアル公開! 2014年夏『プリパラ』スタートだよ!


あらすじ

ある日お年ごろの女の子たちに届く招待状。それはファッションやダンス、音楽といった女の子の夢と憧れが詰まった「プリパラ」の入場チケット。
そこでは毎日のように、歌やダンス、ファッションセンスを競い合うオーディションが開催され、その様子はTVやネットを通じて世界中に発信される。今やトップアイドルはこのプリパラから生まれるのだ。
主人公・らぁらも友だちと同じくプリパラに興味津々。でもらぁらの学園では小学生のプリパラは禁止・・・
ところがひょんなことからプリパラに初入場してしまったらぁらは、なりゆきからオーディションに出ることに。
どうなる、らぁらのプリパラデビュー!?

真中らぁら CV:茜屋日海夏(i☆Ris)
私立パプリカ学園小学部5年生。明るく活発。体を動かして遊ぶのが好き。友達作りにも積極的で、友達を大切に思う気持ちは人一倍強い。口ぐせは「かしこまっ!」。

南みれぃ CV:芹澤 優(i☆Ris)
私立パプリカ学園中学部1年生。頭脳明晰、成績優秀。風紀委員長。口ぐせは「計算どおり」「計算外……」。

北条そふぃ CV:久保田未夢(i☆Ris)
私立パプリカ学園中学部2年生。幼い頃からプリパラでアイドルとして活躍しており、人気と知名度があり学園の生徒たちのあこがれの的となっている。

『プリパラ』放送情報

■放送情報
2014年7月5日(土)よりテレビ東京系6局ネット+BSジャパンにて全国放送開始
毎週土曜日午前10:00~10:30
※放送情報は都合により変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

■スタッフ
原作:株式会社タカラトミーアーツ/株式会社シンソフィア
アニメーション制作:タツノコプロ・Dongwoo A & E
監督:森脇真琴
*『ジュエルペット きら☆デコッ!』(2012年)監督
シリーズ構成:土屋理敬
*『きらりん☆レボリューション』(2006年)シリーズ構成
キャラクターデザイン:原将治
*『Saint October』(2007)キャラクターデザイン
音楽:斉藤恒芳
*『蒼穹のファフナー』TVシリーズ音楽

■キャスト
真中らぁら:茜屋日海夏(i☆Ris)
南みれぃ:芹澤 優(i☆Ris)
北条そふぃ:久保田未夢(i☆Ris) 他

■テーマソング

・オープニングテーマ:i☆Ris

・エンディングテーマ:Prizmmy☆

■公式サイト
タカラトミーアーツ
・ゲーム http://pripara.jp/
・グッズ http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/pripara/[リンク]
テレビ東京
http://ani.tv/pripara/[リンク]
エイベックス
http://avex.jp/pripara/[リンク]

(C) T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PP製作委員会

srbnの記事一覧をみる ▶

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP