ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日比谷公園グルメイベントが高額過ぎる!ビールが少量なのに1300円!購入者から疑問の声

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

えっ? これだけぇ~っ!? そんな声が、日比谷公園で開催されている「世界のグルメ名酒博」で出ていますよ。

そこで販売されているビールが、高額なのに少量だと言うのです。

そんなにびっくりするほど少ないの? 実際に行った男性に話を聞いたら「会場で不満が爆発してて逆に面白かったよ」と言ってました。

よほど酷い様です。どんなもんなのか確かめに行ってみましたよ。

会場には、沢山の店舗がビールを販売していました。一部の店舗を除いて、基本的にSサイズ800円、Mサイズ1300円でした。

試しにSとMを買ってみたのですが、これは少ない!

プラスチックの小さなカップに注がれているのですが、これで800~1300円はさすがに無しだと思います。

だって、MサイズでさえiPhoneより小さいんですよ。Sサイズなんて、女の子でも1回でゴクリと飲めてしまう量です。ゴクリと飲んで800円。

ぼったくりなのか、日比谷公園のテナント料(出店料)が高いのかわかりませんが、客としては不満ですよね。

聞き耳を立てていると、本当に皆さんが少ない少ないと言っていました。

Sサイズが390円、Mサイズが500円、それくらいならまだ許せると思います。さらに、フライドポテトが700円もするんですよ。これにはちょっと呆れました。

ビールMサイズとポテトで2000円ですよ。ちょっと酷いなあ。地代とか原価とか、そういう言い訳を店舗からされても不満なのは不満なのです。

だったらそこら辺の美味しい居酒屋に行った方が良いと思いましたよ。カップルが行った場合、ほろ酔いになる頃には5000円近くお金が飛んでるんじゃないでしょうか。

世界のグルメ名酒博

※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

太郎改太郎の記事一覧をみる ▶

記者:

太郎改太郎です。趣味はヤフオク。見様見真似でライター業をしています。よろしくお願いします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP