ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S 5の廉価版はAMOLEDではなく液晶を搭載か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy S 5の廉価版とみられるSamsungスマートフォン「SM-G750」モデルに液晶が搭載されている可能性を示す情報がインドにおける輸出入データベースを公開しているZaubaで発見されました。SM-G750モデルは5.1インチ1,280×720ピクセルのディスプレイとSnapdragon 801 2.26GHzクアッドコアプロセッサを搭載したAndroidスマートフォンで、画面サイズと型番からGalaxy S 5の廉価版(Galaxy S 5 Neo?)と予想されています。今回、新たにZaubaのデータベース上に”SM-G7508V LCD TSP SAMSUNG MOBILE ACCESSORY FOR R & D PURPOSE”という液晶パネル用タッチスクリーンの部品情報が掲載され、SM-G750モデルはAMOLEDディスプレイではなく、TFT液晶を採用している可能性が高いと思われます。SM-G7508Vはこれまでの型番規則からVerizon向けの派生モデルだとみられています。Source : Zauba



(juggly.cn)記事関連リンク
米Sprint、京セラの防水・防塵スマートフォン新モデル「Hydro Vibe」を発表、LTEやワイヤレス充電にも対応したミッドレンジスマートフォン
Xperia E1 dual(D210X)」に「20.0.B.0.84」へのアップデートの配信が開始
Google Nowにネットで検索した商品をお店の近くにいるとNowカードで表示する新機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP