ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

とにかく早く、やせるには?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


■体質を変えれば、やせられる!
 これから夏に向けて、肌を露出することが増えてくるもの。
 そこで気になるのは、カラダについたじゃまな脂肪。
 お腹、太もも、二の腕……人によって場所は違っても、悩みは一緒。
 「とにかく何でもいいから早くやせたい!」と思っている人は、この時期、多いはず。
 そんなとき誰もが思いつくのは、食事制限でやせる方法。
 ただ、これがなかなか大変。「2カ月で20キロやせた」といった話をよく目にしますが、食事制限だけで、これだけの減量ができると思いますか? 仮にできても残念ながらすぐ元に戻ります。
 非現実的なダイエットは、必ずリバウンドしてしまうのです。
 それは体質が変わっていないから。
 「2カ月で20キロキロ太ることができますか?」と聞くと、ほとんどの人が「できない」と即答します。つまり、2カ月で健康的にやせることも、それほどむずかしいのです。

■「やせる体質」になる漢方
 大切なのは体質を変えること!
 では、「やせる体質」になるには、どうすればいいのでしょう?
 そこで登場するのが漢方。適した漢方薬を飲むことで、代謝を上げ、「やせる体質」にカラダを変えることができます。
 「やせる体質」をつくる漢方はいくつかあり、その一つが「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」という漢方です。
 これはメタボ対策でよく用いられる漢方で、体内にたまった老廃物を排出、脂肪を分解、燃焼を促進する働きがあります。飲み始めるとお通じがスムーズになるなど、デトックス効果を感じられます。

■夏までには「理想のカラダ」に!
 ダイエットには、運動も効果的。ただ、慣れない運動を急に始めると、足がつったりしてしまうもの。
 そんな時も漢方が役に立ちます。
 足のツッパリやこむら返りには、「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」という漢方が効果的です。

 ここで紹介した漢方は身近なものばかり。近所の薬局やドラッグストアの漢方コーナーに必ずありますものです。ただ同じ漢方薬でも、メーカーによって商品名が違うこともあるので、お店の人に聞いてみるといいでしょう。
 また、漢方の種類によって、服用できない人、控えるべき人は異なります。なので、医師や薬剤師といった専門の人に相談し、必ず自分の身体に合ったものを選ぶようにしてください。

 漢方は「理想のカラダ」を手に入れる助けになります。
 知らないなんてもったいない! 『40代からは漢方でやせる。若くなる』(三笠書房/刊)には、そんな漢方がたくさん紹介されています。
 早く始めて、早く理想のカラダになりましょう!
(著者・久保田嘉郎)



(新刊JP)記事関連リンク
40代からは漢方でモテる。デキる
紫外線、シミ、むくみ・・・春の悩みの改善法
漢方で読み解く “花粉症”の対処法

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP