ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『美味しんぼ』に登場の井戸川克隆・元福島県双葉町長 「大震災の8日前に政府は地震津波があることを知っていた」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

先日、ガジェット通信の

「福島県では耐え難い疲労感と原因不明の鼻血に苦しむ人が大勢いる」『美味しんぼ』の内容に非難殺到

という記事にて、週刊『ビッグコミックスピリッツ』で連載している『美味しんぼ』の内容が福島への風評被害を招くものだという批判を受け、編集部がそれに対し回答したことをお伝えした。
その後もネット上を中心に波紋は広がり、『スピリッツ』編集部は公式『Twitter』アカウント(@spiritsofficial)にて



【小誌連載「美味しんぼ」に関しまして】① 4月28日発売号の「美味しんぼ」作中における鼻血や疲労感の表現につきまして、多数のご批判とご意見を頂戴致しました。編集部へのお電話、ツイッター、 メール等々でお寄せ頂いた内容すべてを真摯に受け止め、今後の誌面作りに活かしてまいります(続)

とツイート。5月19日発売の25号と公式HPで、識者の見解や批判を含む意見を集約した特集記事を掲載する予定だと続けた。

一方で、今回の作中に登場した井戸川克隆・元福島県双葉町長の過去の発言が話題になっている。
山岡士郎が原因不明の鼻血を出した後、埼玉県にある井戸川氏の避難先を山岡夫妻や海原雄山たちが訪ねるのだが、「原因不明の鼻血が出て、福島に行くようになってひどく疲れやすくなった」という山岡や雄山に井戸川氏は


「私も鼻血が出ます。今度の立候補を取りやめたのは疲労感が耐え難いまでになったからです」
「福島では同じ症状の人が大勢いますよ。言わないだけです。」

と語り、以下次号……となる。

その井戸川氏、2013年の参院選に「みどりの風」より立候補しているのだが、街頭演説で

「2011年の3月3日に、地震津波があることを日本政府は知っていた」

と語っている。3・11の8日前、政府や東京電力、東北電力や日本原燃はわかっていたのに発表を止めたのだという。そのときの動画も『Youtube』にはアップされている。

福島県双葉町の元町長・井戸川 克隆 さんの街頭演説 @ 新宿 (1) [ 2013.07.16 ] – YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=kNGH17igez8 [リンク]


(※3:45あたりから)

この発言、共同通信の下記記事についてのことと思われるが、今後『美味しんぼ』で触れるのかどうか注目である。

電力会社求め巨大津波警戒を修正 地震調査報告書で文科省
東日本大震災の8日前、宮城―福島沖での巨大津波の危険を指摘する報告書を作成中だった政府の地震調査委員会事務局(文部科学省)が、東京電力など原発を持つ3社と非公式会合を開催、電力会社が巨大津波や地震への警戒を促す表現を変えるよう求め、事務局が「工夫する」と修正を受け入れていたことが、25日までの情報公開請求などで分かった。(略)

http://www.47news.jp/feature/kyodo/news05/2012/02/post-4867.html [リンク]

※画像は『Youtube』より

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP