体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ティアック、USBメモリーに録音可能なCDプレーヤー/カセットデッキ『AD-800』発売へ

TEAC『AD-800』

ティアックは、CDプレーヤーとオートリバースカセットデッキを一体化し、USBメモリーによる録音/再生も可能なオーディオプレーヤー『AD-800』を5月10日より発売します。CDやカセットテープ、外部入力機器からUSBメモリーへ、あるいはUSBメモリーのMP3ファイルなどからカセットテープへの録音も可能です。

『AD-800』は、デジタル/アナログ変換を簡単に行えるオーディオプレーヤー。CD、カセットテープ、外部入力機器からUSBメモリー(MP3ファイル)への録音、CD、USBメモリー(MP3ファイル)、外部入力機器からカセットテープへの録音が可能です。USBメモリーへ録音するときは、ソースごとにフォルダ(CD/LINE/TAPE)を分けて保存されます。

録音/再生オートリバースを採用したカセットデッキには、±10%可変ピッチコントロール機能やドルビーBタイプNR(ノイズリダクション)、タイマー録音/再生機能などを搭載。CDプレーヤーは、音楽CDのほかMP3ファイルを記録したCD-R/RWの再生も可能なほか、MP3再生時にはファイル名などを表示するCD-TEXTにも対応しています。

CDプレーヤー、USBメモリーの再生時には、プログラム/シャッフル/連続再など多彩な再生モード機能を装備。録音・再生時に便利なピークメーターも搭載するなど、オーディオプレーヤーとしての基本性能も充実しています。サイズはW435×145×288mm、重さ5.1kg、希望小売価格は5万7500円(税込み)です。
 
 

■関連記事
眠っているレコードをMP3に変換しよう『RECORD to DIGITAL』
思い出のレコードやカセットを手軽にデジタル化『Sound Blaster Easy Record』
レコード音源をデジタル化してパソコンに録音『USB レコードプレーヤー』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。