ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たった一晩でおバカになれる! “悪趣味おバカ映画”大集合の『悪魔の毒々オールナイト』 トロマ&アストロン6の作品一挙上映 [ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


5月は“5月病”なんてものがあるくらい、心や頭の疲れが出やすいシーズンです。
そこで! どんな悩みもバカバカしくなる! 悩む力のなくなるほどおバカになれる! そんな映画を取りそろえたオールナイト上映イベントが執り行われます。5月2日、池袋文芸坐にて開催の『悪魔の毒々オールナイト』です。
おバカの老舗である映画制作会社“トロマ”と、おバカの新星である映像集団“アストロン6”の作品群をどうぞご堪能あれッ!

予告編が表示されない方はホラー通信をご覧ください

『悪魔の毒々オールナイト 激突!最狂映像集団 トロマ 対 アストロン6』

開催日時:5月3日(土・祝) 22:30~6:00(予定)
会場:新文芸坐
チケット:前売り2400円 チケットぴあにて発売中(Pコード:597-069)

<プログラム>
トークショー:
江戸木純さん(映画評論家)、津野励木さん(映像作家・元トロマ所属)、松江哲明監督
上映作品:
悪魔の毒々モンスター〈ノーカット無修正完全版〉(1984・米/BD)【トロマ】
ファーザーズ・デイ/野獣のはらわた(2011・米=カナダ/BD)【アストロン6=トロマ】
チキン・オブ・ザ・デッド/悪魔の毒々バリューセット(2008・米/BD)【トロマ】
マンボーグ〈日本劇場公開特別版〉(2011・カナダ/BD)【アストロン6】

老舗チーム“トロマ” 悪趣味すぎるおバカ映画を撮り続けて40年


上映作品:『悪魔の毒々モンスター』『チキン・オブ・ザ・デッド』

必要以上に下品でおバカでグロテスクな作品を、情熱と愛をこめて長年世間にお届けしてきたおバカの老舗・トロマ

そんなトロマの代表作である『悪魔の毒々モンスター』が上映。
激ダサで頭のヨワイいじめられっ子・メルヴィンくんが、緑色の有毒廃棄物を浴びて異形のモンスターと化し、なぜかスマートな立ち振舞と正義の心を手に入れモップを武器に悪を成敗する(盲目美女との恋もあるよ!)という、今なお胸がアツくなるカルトホラーコメディです。多くのファンを獲得した今作は、のちの続編『悪魔の毒々モンスター 東京へ行く』で関根勤さんも出演するなど、日本に縁のある作品でもあります。

また、『チキン・オブ・ザ・デッド』は日本でも昨年劇場公開されたトロマ作品。
先住民の墓を潰して建てたフライドチキン店のチキンを食べたら、食用鶏と先住民の呪いで客たちが続々とゾンビ化! 進学をあきらめてそのフライドチキン店でバイトをしていたアービーは、自分の人生を悔やみつつも愛する彼女を守るために奮闘する――というゾンビミュージカルです(歌はダサめ)。

人生における安易な選択を戒めるような教訓めいたストーリーながら、キレッキレのギャグと延々長いグロシーンや汚すぎるシーンでそれを台無しにするこの作品は、最後には説明しがたい感動まで呼び起こすトロマの新たな名作となっています。

関連記事:カルト映画の神様が来日! トロマのロイド・カウフマン毒々インタビュー 「“絶対におもしろい作品を作ってやる”という気持ちが大事」

新星チーム“アストロン6” 『パシリム』の制作スタッフ所属、期待のバカ集団


上映作品:『マンボーグ』『ファーザーズ・デイ―野獣のはらわた―』

トロマのロイド・カウフマンに才能を見出され、尚且つあの『パシフィック・リム』の制作スタッフが所属するという(何やったんだろ?)カナダの映像集団・アストロン6。制作も出演もすべて自身らでこなす彼らの、記念すべき日本上陸作品『マンボーグ』『ファーザーズデイ』が今ふたたび上映です。

総製作費8万円と謳われる『マンボーグ』は戦死した兵士が機械じかけの“マンボーグ”となり、つたないロボ歩きで地獄軍団の壊滅に向かうカルトSF。マンボーグの仲間となるゆるふわな人間たちをはじめ、ツッコミどころ満載のキャラクターたちは妙な愛嬌を備えています。ファミコンテイストとVHS時代のビジュアル・エフェクトがてんこもりの今作は、「今年何年だっけ?」とあなたを混乱させること請け合い。

そしてトロマの出資によって制作された『ファーザーズ・デイ』は、世の中の“父親”を襲っては殺害してその肉を喰うという前代未聞の連続殺人鬼を、彼に恨みを持つアホな主人公3人組が追うというハチャメチャなアクションホラー。
ハードなゴア描写を盛り込みながら、主人公3人が繰り広げるおバカな大捜査で笑いを巻き起こし、ジェットコースターのように二転三転するストーリーが怒涛のクライマックスへ向かっていくその熱量はまさにトロマ映画そのもの。是非その目でお確かめください!

関連記事:『パシリム』制作スタッフが手掛ける超ナンセンス映画がおもしろすぎる! 映像集団“アストロン6”の長編作品が日本公開

画像:『Manborg』facebookより

イベントに行けない方もあきらめないで!


「おバカになりてえよお! でもイベント行けないよお!」というお方、涙を拭いてください。全上映作品がキングレコードよりDVDリリースしております!
しかもアストロン6作品に関してはBlu-rayまで登場。『悪魔の毒々モンスター』、『チキン・オブ・ザ・デッド』、『マンボーグ』は既に発売中、『ファーザーズ・デイ』は5月14日リリースです。大量の映像特典付きのこちらで、お家でオールナイト上映会をどうぞお楽しみあれッ!

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP