体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アドビ『CS5』の体験と“5分だけ個展”が開けるショールーム『station 5』がオープン

アドビがオープンした『station 5』

アドビ システムズは、5月28日に発売するデザイン・開発向けソフトウェア製品群『Creative Suite 5』(以下『CS5』)を体験できるショールーム『station 5』を、東京・表参道の『THE GALLERY』にオープンしました。製品を直接触れる展示やセミナー、イベントが開催されるほか、ウェブから投稿した作品を会場で“5分だけ個展”として展示できるのが特徴。4月22日から6月20日までの期間限定で、開場時間は11時から21時まで。ガジェット通信は、4月21日に開催されたプレス向け内覧会に参加してきました。

テレビでも『Flash Player』を再生 スマートフォンも展示

会場は大きく分けて、セミナーやイベント、個展が開催される『インタラクティブギャラリー』と、『CS5』製品をパソコンで体験できる『Touch&Tryコーナー』に別れています。『インタラクティブギャラリー』にはパソコンのほか、テレビやスマートフォンが設置されており、ユーザーが投稿した静止画、映像、Flashのインタラクティブ作品を展示。投稿者は、日時を指定して5分間だけ、すべてのモニタに自分の作品を展示する“5分だけ個展”『5min. Gallery』に出展することができます。投稿は『station 5』オフィシャルサイトで受け付けています。

アドビのほかクリエーターやユーザーグループが講師となるセミナーはほぼ毎日予定されているほか、直接来場できないユーザー向けに週2回、ストリーミング配信サービス『USTREAM』を使った『CS5』新機能のライブデモがオンラインで参加可能。スケジュールは『station 5』オフィシャルサイトをチェックしてみましょう。

『Touch&Tryコーナー』

『Touch&Tryコーナー』は、窓側で明るく開放的な雰囲気。机やソファテーブルに置かれたパソコンを触って、『CS5』製品を体験することができます。

歴代の『Photoshop』を展示中

『Photoshop』ファンには気になる展示も。『インタラクティブギャラリー』に設置されたMacにはバージョン1から『CS5』までの歴代『Photoshop』がインストールされており、直接触れませんがデモを展示中です。これを見るためにだけでも、一度足を運ぶ価値はあるかも?

『station5』オフィシャルサイト

■関連記事
アドビ システムズがデザイン・開発向けソフト製品群『CS5』を発表
iPhoneアプリ書き出しがダメならAndroidだ! FlashゲームをAndroidアプリに移植したクリエーター
【Adobe CS5】ありえない!『Adobe Photoshop CS5』の超強力な機能アレコレ

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。