ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

2014年Q1の欧州スマートフォンシェア、Androidは70.7%でトップ(Katar調査)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

英国の調査会社 Kantar Worldpanelが2014年Q1(1月~3月)の欧州におけるスマートフォンOS別シェアを発表しました。調査結果によると、2014年Q1のシェアトップは70.7%のAndroidでした。iPhoneは19.2%で2位、Windows Phoneは8.1%で3位でした。2013年Q4と比較すると、AndroidとiPhoneはシェアを上げた一方、Windows Phoneはシェアを下げました(2014年Q4は10.3%)。このような結果になったことについて同社は、NokiaやMotorola、LG、Samsungなどの低価格モデルに押されたことが大きく影響していると分析しています。ちなみに、欧州というのは英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペインの5カ国です。同社はまた、欧州や日本、オーストラリアでiPhoneシリーズが好調だったことにも言及しました。特にiPhone人気の日本では、2014年Q1の大手3社におけるスマートフォン全体に占めるiPhoneの割合について、NTTドコモは42%、KDDIは59%、ソフトバンクは81%だったと述べています。Source : Kantar



(juggly.cn)記事関連リンク
Huawei Honor 3Cが香港とマレーシアで発売
Galaxy S 5の日本向けモデルやWQHD版、未発表のSM-G510シリーズの型番がSamsung公式サイトで確認される
CyanogenMod 11を搭載したXperia Z2の写真

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。