ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、5.2インチIGZOを搭載した新生AQUOSスマートフォン「AQUOS Xx 304SH」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは4月24日、シャープ製Androidスマートフォン新モデル「AQUOS Xx 304SH」を発表しました。発売時期は2014年5月下旬です。「AQUOS Xx 304SH」は、2013年冬モデルとして発売された3辺狭額縁デザインの「AQUOS PHONE Xx 302SH」をベースに筐体構造や内部仕様を改良したAndroidスマートフォンです。しかも、今回から「AQUOS PHONE」ではなく液晶テレビ「AQUOS」のブランドに変更されています。302SHからの主な変更箇所としては、液晶モジュールを低消費電力な「IGZO」に改装したところ、メタルフレームを採用して高級感がアップしたところ、プロセッサを302SHよりも高速なSnapdragon 801 MSM8974AB 2.26GHzクアッドコアにアップグレードしたところ、リアカメラを1,310万画素にダウングレードした一方、フロントカメラを210万画素にアップグレードしたところ、OSを最新のAndroid 4.4(KitKat)にしたところなどです。また、筐体の縦横は若干大きくなりましたが、本体の厚さは9.9mm→9.0mmに薄くなっています。質量も147g→137gに軽量になっていますね。Micro SDカードは最大128GBに対応したようです。OS:Android 4.4(KitKat)サイズ:135 x 72 x 9mm、137gディスプレイ:5.2インチ、解像度1,920×1,080(フルHD)、IGZO液晶、1,677万色チップセット:Qualcomm Snapdragon 801 MSM8974AB 2.26GHz(クアッドコア)GPU:Adreno 330@550MHzメモリ:RAM 2GB、内蔵ストレージ 32GB外部メモリ:microSD/microSDHC/microSDXC(最大容量は128GB)リアカメラ:1,310万画素裏面照射型CMOS、F1.9レンズ、AF、光学手ブレ補正、フラッシュ付き、1080pフルHD動画撮影対応フロントカメラ:210万画素CMOS対応周波数:GSM(900/1800/1900MHz)、WCDMA(900/2100MHz)、FDD-LTE(900MHz/1.7GHz/2.1GHz)、AXGP 2,500MHzパケット通信:3Gハイスピード(下り最大14Mbps/上り最大5.76Mbps)、SoftBank 4G 下り最大76Mbps/上り最大10Mbps、SoftBank 4G LTE 下り最大110Mbps/上り最大15Mbps通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、DLNA(DTCP-IP対応)、FeliCa/NFC、赤外線通信外部端子類:-センサー類:-バッテリー :2,600mAh連続待受時間:650時間(GSM)、1,350分(WCDMA)連続通話時間:750分(GSM)、850時間(WCDMA)、約650時間(FDD-LTE)、600時間(AXGP)カラバリ:プレシャスゴールド、ホワイト、ブラック、レッドおサイフケータイ:○ワンセグ:○赤外線通信:○世界対応ケータイ:○防水・防塵:○(IPX5/IPX7相当の防水)S!メール:○デコレメール:○3Gハイスピード:○ULTRA SPEED:xSoftBank 4G:○(下り最大76Mbps)SoftBank 4G LTE:○(下り最大110Mbps)緊急速報メール:○Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
64bit対応のAndroidスマートフォンは年内に登場する見込み、ARMの上級副社長がコメント
Sony Mobile、「Lifelog」をv1.0.A.1.1にアップデート、徒歩・ランニングの歩幅設定機能が追加、消費カロリーの表示も改善
Sony Mobile、SmartBand SWR10のファームウェアと管理アプリのアップデートを開始、「自動夜間モード」が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP