ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小林幸子、下北開催の音楽フェスにまさかの出演決定で驚きの声続々

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨日、あの大物演歌歌手、小林幸子が5月31日(土)に下北沢で開催される、サーキット型音楽フェス〈Shimokitazawa SOUND CRUISING 2014〉に出演することが発表され、多くの音楽ファンから驚きの声が上がっている。

〈Shimokitazawa SOUND CRUISING〉とは、下北沢にあるライヴハウス各所が舞台となる、街に根ざした周遊型音楽フェス。今年で開催3回目を迎え、ライヴ・シーンで支持を得ている多くのインディーズ・バンドやアイドル、DJなどが出演することで知られている。

「小林幸子出演決定」のニュースを受け、twitter上などでは、「えええええええマジかよ」、「小林幸子ってあの小林幸子?」、「同姓同名の人かと思った」などと予想外のブッキングに驚きのリアクション。

また、すでにイベントに出演が決まっていたミュージシャンらも、「頭の整理が追いつかない」、「お母さんに報告だ!」などと、フェスであるものの、演歌界の大御所とまさかの「対バン」に喜びを隠せない様子だ。

当日、小林幸子は会場のひとつであり約70年の歴史を持つ木造建築の教会「富士見ヶ丘教会」にてライヴを行う。また、同時に出演が発表された七尾旅人とコラボすることも明らかになっており、こちらも驚きのニュースといえる。当日も多くの注目が集まりそうだ。〈Shimokitazawa SOUND CRUISING 2014〉のチケットは現在各プレイガイドや、特別販売として下北沢の各会場のライヴハウスで販売中。(鶯巣大介)

・〈InterFM presents Shimokitazawa SOUND CRUISING 2014〉 オフィシャル・サイト
http://soundcruising.jp/

・小林幸子の作品はOTOTOYでも配信中
http://ototoy.jp/them/index.php/78369

〈Shimokitazawa SOUND CRUISING 2014
2014年5月31日(土)
開催場所 : 下北沢GARDEN、下北沢ERA、下北沢BASEMENT BAR、下北沢ReG、下北沢ReG Café、下北沢MOSAiC、下北沢THREE、下北沢Daisy Bar、LAGUNA、風知空知、富士見丘教会、altoto、more
DAY TIME : OPEN / START : 12:00 / 14:00
NIGHT TIME : OPEN / START :22:00~
料金 :
DAY / NIGHT通し 5,800円 (ドリンク代別)
DAYのみ 4,500円 (ドリンク代別)
NIGHTのみ 3,500円 (ドリンク代別)
出演 :
アナログフィッシュ / wearer / UQIYO / ウソツキ /Elflockgoesmad / Awesome City Club / 掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)(DJ) / 8otto / おとぎ話 / GAGAKIRISE / 影正一貴(DJ) / カルメラ / Kawanishi / GEEKS / 工藤マサヤ(DJ) / GEZAN / THE OTOGIBANASHI’S / サイプレス上野 / SIMI LAB / 水曜日のカンパネラ / Seiho / TAMTAM / 鎮座DOPENESS & DOPING BAND / DJ BAKU(DJ) / DJ YOGURT(DJ) / THIS IS JAPAN / tomad(DJ) / Dorian / NIGHT CRUISING(DJ) / ナカコー(DJ) / New Action!(DJ) / ノンブラリ / how to count one to ten / バクバクドキン / Parade(西村道男、ヒサシ the KID、佐々木健治) / バンドじゃないもん! / ふぇのたす / Fragment / フルカワミキ(DJ) / MiHiRO(DJ) / やけのはら(DJ) / やけのはら+ドリアン / ヤング / U-zhaan×mabanua / ゆるめるモ!×箱庭の室内楽 / Yogee New Waves / 夜の本気ダンス / 石毛輝(the telephones)(DJ) / エレクトリックリボン / エンヤサン / 寺嶋由芙 / 田我流 / DOACOCK / ドミコ / hy4_4yh / 箱庭の室内楽 / lyrical school / 小林幸子 / 七尾旅人 / and more

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP