体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

忘れらんねえよ柴田、楽しすぎてカランコロンいちろーに求愛――OTOTOYつぼ伝レポ

忘れらんねえよ柴田、楽しすぎてカランコロンいちろーに求愛――OTOTOYつぼ伝レポ

4月21日、東京・新宿にある「つぼ八歌舞伎町店」で忘れらんねえよのボーカル・柴田隆浩と東京カランコロン・いちろーによる〈つぼ八×ツレ伝『つぼ伝』~弾き語りツーマン in つぼ八~〉がおこなわれ、超満員の観客を前に贅沢な弾き語りを披露。楽しさのあまり柴田が思わずいちろーに求愛するほどの幸福な一夜となった。

忘れらんねえよ柴田、楽しすぎてカランコロンいちろーに求愛――OTOTOYつぼ伝レポ

居酒屋「つぼ八」は忘れらんねえよファンにとってはおなじみの性痴、いや聖地であり心の拠所。つぼ八が登場する楽曲「CからはじまるABC」を聴きながらテンションを上げて会場に向かうものの、ここは日本一の歓楽街・新宿歌舞伎町。アガり過ぎると誘惑に負けて寄り道してしまう可能性もあるので「ギラギラガールズ」の看板から目を逸らしつつ会場へと急いだ。

昨年末は忘れらんねえよの3人による飲み会と柴田の弾き語りとしておこなわれたイベントだったが、今日のライヴは現在開催中の「ツレ伝ツアー」のひとつ〈つぼ八×ツレ伝『つぼ伝』〉として柴田が東京カランコロンのいちろーを迎える弾き語りツーマン・ライヴだ。チケットは発売と同時にソールドアウト。3,300円で貴重な2人のライヴが観れて飲み放題、つぼ八おつまみプレート付きというのだから当然だ。はとバスツアーに組み込まれてもおかしくないプランといえなくもない。

忘れらんねえよ柴田、楽しすぎてカランコロンいちろーに求愛――OTOTOYつぼ伝レポ

開場時間の19時になると、あいにくの雨降りにも関わらず新宿・歌舞伎町のビル7階にあるつぼ八には大勢のファンが列をなしていた。続々と詰めかけるファンで用意されたテーブルはあっという間に満席に。ゆるゆると各々がビールやジュースを飲み出し歓談が始まった。筆者がお邪魔したテーブルに座ったお客さんは忘れらんねえよに最近興味を持って見に来た様子。各自が好きなアーティスト等を話しつつ飲んでいると、東京カランコロン・いちろーがアコギを手に登場。大きな拍手で迎えた観客に一礼して椅子に腰かけマイクに向かう。

忘れらんねえよ柴田、楽しすぎてカランコロンいちろーに求愛――OTOTOYつぼ伝レポ

「みなさん飲んでますか~!? 今日は割と何でもありらしいんで俺も起きてそのまま来た感じ」と笑わせる。「みんな未成年じゃないってことだよね?じゃあ下ネタ大丈夫だよね?いつもは横に女性がいて言えないからさ(笑)」とのMCに爆笑する観客たち。「こんなこと言いながら1曲目は真面目な曲を“×ゲーム”」とタイトルを告げると嬌声が挙がり、いよいよ『つぼ伝』がスタート。皆真剣にステージを見つめて歌声に聴き入っている。ライヴハウス・つぼ八の懐の深さにいちろーの澄んだボーカルが折り重なり、いきなり感動的なムードがつぼ八に充満している。続いて「てのひら」を熱唱してMCへ。

忘れらんねえよ柴田、楽しすぎてカランコロンいちろーに求愛――OTOTOYつぼ伝レポ

「柴田君と仲良くなったのはね、なんでだっけ!?」と本人に問いかける。どうやら座敷の入口付近で立って観ていたようだ。普通に会話し出した柴田はふと我に返ったのか「あ、こんばんは柴田です」と、姿は見えないものの改めて挨拶。もったいぶらずにあっさり登場するあたりはさすが庶民派ロッカー。観客の存在を忘れたかのようにひとしきり会話を続けた後、「リリー・フランキー(Elvis Woodstock名義)さんに詩を書いてもらった曲です」と「サヨナラ バイバイ マルチーズ」へ。

歌い終わると「お酒取りに行かなくて大丈夫ですか?」と気を遣ういちろー。しかしお酒を取りに行って見逃すのはもったいないという気持ちと「やっぱ気まずいよね(笑)」という気持ちで今の所みんな着席したままだ。今レコーディング中の曲を、というと観客からどよめきにも似た歓声があがり新曲が披露された。「カランコロンのスーサイドソング(仮)」と題された楽曲は「売れるわけね~よ」と連呼する、自虐的な言葉で綴られた激しく毒気のある内容だった。発表されるのが楽しみだ。

「次で最後の曲です」と告げると「えぇ~!? 嘘でしょ!? もう?」と一斉に声が挙がったが確かに5曲では短かい。最後は「16のbeat」でグッと観客を惹きつけてライヴを終えると惜しまれながらも大きな拍手に送られてステージを降りた。再び酒盛りが開始され、ライヴが始まる前はなんとなく慣れない雰囲気に戸惑い気味だったお客さんも開始当初よりもテーブルは盛り上がっている。1人で来たというお客さんも多いようだが、すぐに打ち解けてわきあいあいと会話は弾んでいるようだ。忘れらんねえよと東京カロンコロン以外にも爆弾ジョニーやCzecho No Republicといったバンドの名前が飛び交っていた。

1 2 3次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy