ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「クリエイター」の二義性(メカAG)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

「クリエイター」の二義性(メカAG)

よくネットで「誰でもクリエイターになれる!」という文言を見かける。「このグッズを買えば異性にモテモテ」みたいな。「モテる」というのは相対的なものなのだから、全員がモテるというのは自己矛盾だと思うのだけどね。ちなみに「幸せ」というのも相対的なものだ。

「誰でもクリエイター」というのはどうだろう?これは言葉のトリックがあるように思う。幼稚園や小学校の美術や工作の授業では「自分で」考えて作ることが推奨される。結果的に凡庸なものができても「自分で作った」ことが大事。まさに「クリエイト」することが大切(と、教わる)。

一方、社会一般でクリエイターというと、他人には容易に真似できないオリジナリティが連想されよう。もっとわかり易い表現だとアーティストかな。この場合「オンリーワン」であることが大事。ただクリエイト(創作)しただけではダメなのだ。

   *   *   *

で、「誰でもクリエイター」は、クリエイターという言葉の二義性を悪用しているんだよね。誰でも、本人のやる気さえあれば、創作はできる。絵を書くのも文章を書くのも本人の自由だ。

一方で世間からオンリーワンの存在として認められるには、もっと高いハードルがある。「誰でもクリエイターになれる!」という言葉から多くの人が連想するのは、「誰でもオンリーワンの存在になれる」だろう。少なくとも「努力次第で可能性はある」と考えてしまう。

なんか詐欺みたいだよね(笑)。

執筆: この記事はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2014年04月22日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP