体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ニンジャスレイヤー』最新刊発売! 激しく上下前後に動くPV公開

『ニンジャスレイヤー』最新刊発売! 激しく上下前後に動くPV公開

『カタナ・ソード・アンド・オイラン・ソーサリー』PVより
型破りな展開、斬新な言語感覚で多くの熱狂的なファンを集める“サイバーパンクニンジャ活劇小説”『ニンジャスレイヤー』。

4月12日に書籍版最新刊『ニンジャスレイヤー ピストルカラテ決死拳』が発売されたことを記念して、フルCGのプロモーションビデオが公開された。

累計30万部突破のTwitter発ニンジャ活劇 TRIGGERのアニメ化も

ニンジャスレイヤー

最新刊『ニンジャスレイヤー ピストルカラテ決死拳』

『ニンジャスレイヤー』は、ブラッドレー・ボンドさんとフィリップ・ニンジャ・モーゼズさん、2人のアメリカ人コンビが書いたSF小説。

ニンジャに妻子を殺されたとあるサラリマン(本作の記述ママ)が、自身もニンジャとなって復讐の鬼・「ニンジャスレイヤー」として血みどろの戦いに身を投じていく様を描く。

2005年ごろからファン有志による日本語訳が行われていたとされており、2010年には原作者から正式に翻訳権を得たチームが、Twitterで翻訳連載を開始。

原作の不思議な日本描写と、日本語をカタコト英語にしたかのような絶妙な翻訳によって、独特の世界観を放ち、コアなファンを多数獲得した。

2012年に書籍化、2013年にはWebマンガ連載が始まり、そして2014年にはTVアニメ『キルラキル』などを制作したアニメーションスタジオ・TRIGGERによってアニメ化されることも発表され、まだまだその熱は冷めそうにない。

カワイイヤッター!! 「ネコネコカワイイ」が歌って踊るPV

『カタナ・ソード・アンド・オイラン・ソーサリー』【HD対応】


この度公開されたPVは、ネオサイタマのオイランロイドアイドル「ネコネコカワイイ」の2人が、作中の大ヒット曲『ほとんど違法行為』をパフォーマンスしている。

「ネコネコカワイイ」を演じているのは、『桜Trick』南しずく役の五十嵐裕美さんと『Aチャンネル』天王寺渚役の内山夕実さんが演じている。

アニメーション制作は、映画「プリキュアオールスターズDX2」のキャラクターモデリングを手がけたCG集団QREAZYが担当。

音楽を、アニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』の音楽を手がける「刃-yaiba-」のメンバー、藤原健至さんと茂戸藤浩二さんが担当している。

「ネコネコカワイイ」のかわいいダンスと歌声、そして歌詞にも注目。

エンタメ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。