ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アキバの街をカートで疾走! ウェアラブルカメラ『アクションカム』と『GoPro』で撮影した車載動画を比較してみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


スポーツシーンなど動きの激しい動画の撮影を可能にして、最近ではテレビや映画の撮影でも活躍する小型のウェアラブルカメラ。逆に言うと、テレビや映画で使われるクオリティの映像が、一般のユーザーでも気軽に撮れるようになったんですよね。ガジェット通信は最新のウェアラブルカメラであるソニー『アクションカム HDR-AS100V』とGoPro『HERO3+ BLACK EDITION』を使って面白い動画が撮れないかと思い、東京・秋葉原にやって来ました。公道を走れるカートに乗って車載動画を撮影するのです! 両者でそれぞれどんな映像が撮れるのでしょうか。レビューをお届けします。

今回、取材に協力いただいたのは秋葉原に店舗を構えるカートレンタル専門店“アキバカート”さん。普通運転免許さえあれば、ヘルメットもかぶらずに公道を走れるカートをレンタルしているのです。渋谷でマリオカートの集団が現れたという記事に登場するカートも、このアキバカートがレンタルしたもの。

渋谷にマリオカートの外国人集団でTwitterで話題に! 一体何事が?
http://getnews.jp/archives/535479[リンク]



お店のガレージにはカートがズラリ。男子は気分がアガってきます。


お店の方に免許証を提示後、走行時の注意や操作方法についてレクチャーを受けます。



右足がアクセル、左足がブレーキで、座席右下にサイドブレーキ、左下にシフトギアがあります。座席後部のスイッチを回してから、ハンドルにあるセルスイッチを入れるとエンジンが起動する仕組み。ハザードとウィンカーはハンドルにスイッチがあります。操作は難しくなさそうです。


『アクションカム』と『GoPro』は、ロールバーマウントでヘッドライトの横に並べて装着。同じ視点で撮った映像で、違いを比較してみます。




ガレージを出て公道へ。ほかの車と比べて明らかに小さく、車高も低いので、若干緊張します。慎重に車線変更と右折をクリアし、撮影を開始するJR秋葉原駅前へ移動。



アキバらしい絵が撮りたいので、撮影はJR秋葉原駅の電気街口から開始することに。ここを出発して、中央通りを何度か往復してみます。駅前にカートを止めているだけでも、周囲の注目の的に。


通行人から、めっちゃカメラで撮影されます。『Twitter』に投稿している人もいた模様。


カートは最大で時速60キロまで出せるのですが、体感速度はその倍ぐらい。時速20キロで走っていても、時速40キロぐらいに感じるのです。



カメラを構えるガジェット通信取材班の横をさっそうと通過。法定速度の時速50キロまで出すと、かなりのスピード感です。慣れてくると気持ちいい!


撮影した動画を見てみましょう。『アクションカム』が滑らかに走行の様子をとらえているのに対して、『GoPro』の映像はかなりガタガタと揺れて若干酔いそう。走行中のカートはそれだけ路面の凹凸やエンジンの振動に応じてガタガタ揺れているということなのですが、『アクションカム』の方は細かい揺れを感じさせず、ドライバーの見た風景と同じように見えています。

これは、『アクションカム』が電子式手ブレ補正の機能を搭載しているため。『GoPro』の映像を見れば分かるように、走行時は上下左右に振動があるのですが、『アクションカム』の映像はそれらをしっかり補正して揺れの少ない映像として見せてくれます。



撮影では、ヘッドストラップで『アクションカム』と『GoPro』を装着して、ドライバー目線の撮影にも挑戦してみました。アキバを疾走するガジェットおじさん。


頭部に装着した場合、映像の違いはどのようになるのでしょうか。いずれもヘッドライト位置と比べて視点が高くなり、ドライバーから見た風景により近い映像に。首や体全体で揺れを吸収するためか、どちらも揺れの少ない映像になっていることが分かります。『GoPro』の方は路面の凹凸による上下の揺れが多少ありますが、『アクションカム』は完全に滑らかな映像。頭部に装着することで、『アクションカム』の電子式手ブレ補正の効果がよりいっそう感じられるようになります。

違いは動画を見れば一目瞭然。動画は『YouTube』に公開しています。

カートでアキバを疾走! ソニー『HDR-AS100V』とGoPro『HERO 3+』で車載映像を比較検証(YouTube)
http://youtu.be/LlRU36oSy80[リンク]

まもなくゴールデンウィーク。ドライブやサイクリングで映像を残したい人は、『アクションカム』を使うとその後鑑賞しやすい映像にできそうです。揺れを残して臨場感ある映像にしたい人は『GoPro』でもよいかもしれませんが、撮った映像はあまり万人にオススメできないかも。そうそう、ゴールデンウィークのレジャーには、アキバカートもオススメですよ!

撮影協力:アキバカート
東京都千代田区外神田2-4-6 ビルディング・ササゲB1F
03-6206-4752
http://akibanavi.net/[リンク]

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。