ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本をスキャンしてPDF化してくれるサービス開始! たったの100円

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

雑誌や漫画、書籍などをスキャンしてPDFファイルにしてくれるサービス『BOOKSCAN』(ブックスキャン)のウェブサイトがオープンした。会社の設立は2010年4月7日で、サービスは4月19日からスタートするらしい。

以前、新品雑誌のデータをスキャンしてインターネット上で読めるようにした『コルシカ』というサービスがあった。しかし『BOOKSCAN』は『コルシカ』とは違い、すでに自分(客)が持っている本この会社に送付しスキャンを代行してもらうというサービスだ。本はスキャンのためにバラバラに裁断され、スキャンが終了すると廃棄されるとのこと。

本をスキャンして作ったPDFファイルは『BOOKSCAN』が指定したインターネットのデータ倉庫からダウンロードして引き取るか、CD-Rに保存して配送するとのこと。本のデータ自体を自分の手元に置けなかった『コルシカ』とはその点も違うといえよう。

スキャン費用も驚くべき破格で、なんと1冊100円というリーズナブルな値段。手作業なのか機械が自動的にスキャンしているのか不明だが、とにかく格安である。しかしスキャン作業中にトラブルが発生することも考えられ、高額な本は依頼しないほうがよいとのこと(公式サイトではスタッフが詳細を動画で説明している)。

スキャンして欲しい人は本を『BOOKSCAN』に発送する必要がある。『コルシカ』がサービス停止したということもあり、一見似たようなサービスに見える『BOOKSCAN』が今後どうなるのか興味深いが、本をスキャンしてパソコンやメモリーカードなどに本を保存しておきたいという人は多くいるはずだ。実際、記者の周りにも裁断した本を効率よくデジタル化するためのハードウェアを用いて書籍のデジタル化に熱中している人がいる。

『BOOKSCAN』によると、『iPhone』や『iPad』にPDFファイルを保存することで、手軽にどこでも本を読むことができるという。『コルシカ』は出版業界からの協力を得られなかったのかサービスを終了してしまったが、今後、不安の残る著作権等の問題をクリアして『BOOKSCAN』がどのような展開をしていくのか気になるところである。

画像: BOOKSCAN


■最近の注目記事
初キスまでに何回デートする? ネットユーザー2000人アンケート
末期ガンだと嘘をついていたブロガーが謝罪し炎上! 有名人も騙されていた
吉野家に牛丼の『特大盛』が登場! ネットの反応「迷走してるな」
若い娘のミニスカートが短すぎで危険「パンツ見えるだろ!」
勝間和代がエヴァのコスプレ「美人ではないがエロそうな体」

apo mekhanes theosの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP