ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インディーゲームの祭典『BitSummit 2014』一般デーブース総ざらいレポート:Dブロック

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


3月7日から9日にかけて京都・みやこメッセで開催された『BitSummit 2014 -京都インディーゲームフェスティバル-』。120近いインディーゲーム開発者が出展したインディーゲームの祭典から、筆者が一般デー2日目で実際に見ることができた個々のブースを総ざらいで紹介。今回はDブロックのレポートをお届けします。

イベント全体のレポートと、それに関連する日本のインディーゲームシーンの動きについてまとめた記事はこちらをご覧ください。

開発者が主役となる舞台へ インディーゲームの祭典『BitSummit 2014』レポート
http://getnews.jp/archives/554986

会場図はこちら
http://bitsummitmmxiv.indie-stream.net/wp-content/uploads/pdf/bitsummit2014_0308-09map_JP.pdf[リンク]

D-01:Winning Blimp

『BitSummitアワード』でオーディオ・デザイン最優秀賞を受賞した『Stratolith』を出展。電波の波形を合わせて敵艦を“ハック”することにより味方にするユニークなシステムのシミュレーションで、Windows/Mac/iPad向けに開発中のゲーム。

Winning Blimp
http://www.winningblimp.com/[リンク]

D-02:Visiontrick Media

PS4/PS Vita向けに開発中の『Pavilion』を出展。プレイヤーキャラに影響を与えて操作する“4人称視点”? の「A Fourth Person Puzzling Adventure」というコンセプトのアクションアドベンチャーで、『BitSummitアワード』ではビジュアル最優秀賞の次点に選ばれています。

Visiontrick Media
http://www.visiontrick.com/[リンク]

E-03:ライブアライフ
残念ながら未見。

ライブアライフ
https://www.facebook.com/LiveALifeInc[リンク]

D-04:ピコリンネソフト

横スクロールの2Dシューティング『INFINOS2』を出展。Windows用のシューティングゲーム制作ツール『シューティングゲームビルダー』を利用して開発されたものですが、80年代アーケードゲームの雰囲気を忠実に再現した本格派。

ピコリンネソフト
http://picorinnesoft.web.fc2.com/[リンク]

D-04:Finesoft(Axes)

アクションRPG『ビクトリーレシオ』、ディフェンスゲーム『モンスターパレード』などのAndroidアプリを出展。「AXES」名義のアプリのほか、「あーるいち」名義でFlashゲームも発表しているクリエーター。

Finesoft(Axes)
http://space.geocities.jp/r_onejp/[リンク]

D-05:ランド・ホー

『Oculus Rift』対応の3Dシューティング『Project Life』を出展。iOS向けに開発していたものを方向転換し、現在の形式になったのだとか。開発プラットフォームはUnreal Engineで、Epic Gamesブースにも出展されていました。

ランド・ホー
http://www.landho.co.jp/[リンク]

D-06:スタジオ斬

『モグジャン』『サイコロンブス』などiOS/Androidアプリを出展。出展作品のミニゲーム集『おじさんのうたげ』の続編となる育成ゲーム『おじさんの変態』がイベント直後にリリースされました。

スタジオ斬
http://www.studio-zan.com/[リンク]

D-07:Flying Carpets Games

『BitSummitアワード』でストーリーテラー賞を受賞した『The Girl and the Robot』を出展。Windows/Mac/Linux/Wii U向けに開発中のアクションアドベンチャーで、主人公の少女がロボットと出会い、協力して城から脱出するという内容。

Flying Carpets Games
http://flyingcarpetsgames.com/[リンク]

D-08:PON-POKO

『Project Icon』のα版を出展。“イコン”と呼ばれるアバターで戦闘する3Dアクション。

PON-POKO
http://www.portal-ponpoko.com/[リンク]

D-08:栗坂こなべ

『Osaka – Global Game Jam 2014』で制作したUnityベースのウェブゲーム『Gravity Rabbity』を出展。上下左右4面にいるウサギを切り替えて操作し、同じ色のニンジンを取ってクリアするアクションパズル。

栗坂こなべ
http://forfreesoft.blog106.fc2.com/[リンク]

D-09:ヘキサドライブ

iOS/Android向けに開発中の『ダイコン王の野望ッッッン!!』を出展。ユニットを配置して敵の侵攻を防ぎ、領土を拡大していくディフェンスゲーム。


ダイコンの着ぐるみを着たスタッフさんが大人気でした。

ヘキサドライブ
http://hexadrive.jp/[リンク]

D-10:ハイドレンジャー


『Oculus Rift』対応の3Dシューティング『Perilous Dimension』を出展。視点の移動だけで操作できるのが特徴で、ジェスチャー操作デバイス『Leap Motion』と連携すると、指をかざしてロックオン操作も可能になります。

ハイドレンジャー
http://www.circle-hydrangea.net/[リンク]

D-11:ARTIFACTS

Windows向けのビジュアルノベル『マジックポーション・ストーリーズ』を出展。ノベルゲームなのですがドット絵の2Dグラフィックをフィーチャー、レトロRPGのような雰囲気を持つユニークな作品を展開しています。『BitSummitアワード』ではストーリーテラー賞の次点に入選。

ARTIFACTS
http://artifacts.xii.jp/[リンク]

D-12:Maruchu

『Osaka – Global Game Jam 2014』で制作したUnityベースのウェブゲーム『TRIRIS』を出展。『テトリス』を3Dに拡張したアクションパズルで、ブロックを3軸で回転させて横視点に積み上げていくゲーム。

Maruchu
http://maruchu.nobody.jp/[リンク]

D-12:くるくる

Unityベースのアクションパズル『JumpGun』を出展。『Fukushima Game Jam 2013』で制作されたゲームのタブレット版をプレイアブル出展していました。当たった物がジャンプするジャンプガンを使って遺跡から脱出するゲーム。『Osaka – Global Game Jam 2014』で制作したアクションパズル『Janken Tag!』も出展。

くるくる
https://dl.dropboxusercontent.com/u/37779475/hp/index.html[リンク]

D-13:Rayark Inc.
残念ながら未見。

Rayark Inc.
http://www.rayark.com/[リンク]

D-14:Qubit Games

iOS用の3Dドットで表現したシューティング『Space Cube』をプレイアブル出展したほか、新作のロボット格闘アクション『Qubot』のトレーラーを上映。

Qubit Games
https://www.facebook.com/SpaceQube[リンク]

D-15:Mirai-Labo

iOS向けに開発中の『フォボス・チルドレン』を出展。リズムゲーム感覚で同じ色の玉をタッチして攻撃していく、ストーリー仕立てのパズルRPG。

Mirai-Labo
http://mirai-labo.com/develop/[リンク]

D-16:Astro Crow

iOS用アプリ『The Last Ace of Space』を出展。カートゥーン調グラフィックの横スクロールアクションで、タップ操作に特化したユーザーインタフェースが特徴。

Astro Crow
http://www.astrocrow.com/[リンク]

D-16:Party Animals
残念ながら未見。

Party Animals
http://blog.heypartyanimals.com/[リンク]

次回はCブロックの出展作品を紹介します。

BitSummit
http://bitsummit.org/index-jp.html[リンク]

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP