体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本HP、ヴィヴィアン・タム氏デザインのノートPC『HP Mini 210 Vivienne Tam Edition』発売

HP Mini 210 Vivienne Tam Edition


日本ヒューレット・パッカード(以下、HP)は、個人向けミニノートパソコン(PC)のデザイナーズコレクションとして、Vivienne Tam(ヴィヴィアン・タム)氏によるデザインの『HP Mini 210 Vivienne Tam Edition』を4月26日より順次発売します。店頭想定価格は6万円前後から。

『HP Mini 210 Vivienne Tam Edition』は、日本HPの外観の美しさにこだわったミニノートPCのデザイナーズ・コレクション第3弾。2009年2月発表の深紅の芍薬(しゃくやく)の花をモチーフにした『HP Mini 1000 Vivienne Tam Edition』、2009年10月発表の動植物をあしらった『HP Mini 110 by Studio Tord Boontje』に続く新バージョンです。

今回は、ヴィヴィアン・タム氏が2010年春夏コレクションで掲げたテーマ『Butterfly Lovers』の世界観を表現。内箱からマニュアル類にいたるまで、PC本体のベースカラーと同じゴールドで彩られ、本体トップカバーと付属のワイヤレスマウスには蝶があしらわれています。PC製品でありながら、アクセサリーのような豪華さは『デジタル・クチュール(digital couture)』と呼ぶにふさわしいものです。

HP Mini 210 Vivienne Tam Edition

デスクトップのデザインコンセプトも、『Butterfly Lovers』に統一。オリジナルデザインの壁紙とアイコンを採用し、スタートボタンをクリックするとデスクトップを蝶が羽ばたきます。また、デスクトップ上のアイコン類をすべて隠せる『Fences機能』により、つねにシンプルで美しい画面を表示可能です。

本体には、キズに強く光沢が長持ちする『HP Imprint』テクノロジーを全面に採用。見た目と質感のなめらかさにこだわり、移動時の持ちやすさも実現しました。店頭予測価格は、『HP Directplus モデル』が6万3000円、量販店モデルが6万円前後(いずれも税込み)です。
 
『HP Mini 210 Vivienne Tam Edition』の主な仕様
OS:Windows7 Hpme Premium
CPU:インテル Atom N450(1.66GHz)プロセッサー
メモリー:2GB DDR2メモリー
ハードディスク:250GB
ディスプレイ:10.1インチワイド液晶(HP DirectPlusモデル 1366×768、量販店モデル 1024×600)
サイズ:W268×D179×H23.5~28.5mm
重さ:1.18kg
付属:ワイヤレスマウス+スリーブケースなど
 
 

■関連記事
約14.4時間のバッテリー駆動を実現したネットブック『MX1007A4』オンキヨーから発売
ドコモ『FOMA HI-SPEED』対応モジュール搭載のネットブックをエイサーが発売へ
今度は『コリラックマ』のノートパソコン! ビックカメラとソフマップ店頭で販売

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。