ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、今年後半にもAndroidベース(Android Wear?)の新スマートウォッチを発売予定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungが今年後半にもAndroidベースの新たなスマートウォッチを発売する予定であることがReutersの記事で判明しました。この情報は、Samsungで製品戦略を担当するシニア・バイス・プレジデント Yoon Han-kil氏がReutersからのインタビューで明らかにしたことです。SamsungはGalaxy GearでAndroidを採用していたものの、先週末に発売されたGear 2シリーズとGear FitでTizenを採用しました。ところが、Yoon Han-kil氏はReutersに対して、”今年後半にAndroidベースのスマートウォッチを発売します”と表明したと伝えられています。GearシリーズをTizenに刷新したばかりなのでGalaxy Gearで採用されたAndroidというよりも、Googleが3月に発表したウェアラブルデバイス用のAndroidプラットフォーム「Android Wear」を採用した製品になると予想されます。Yoon Han-kil氏はReutersのインタビュー記事の中で新スマートウォッチのほかにも、Galaxy S 5の売れ行きが前作Galaxy S 4よりも良いことや、Tizenを搭載したスマートフォンを今四半期の終わり頃に発表する予定であることも明らかにしました。Source : Reuters



(juggly.cn)記事関連リンク
日本通信、3つのプランから利用プランを選択できるデータ通信用SIMカード「b-mobile X SIM」のアップグレード版「新b-mobile X SIM」を4月25日より提供
リア・フロントカメラを使って1枚の写真を撮影できるカメラアプリ「Frontback」のAndroid版がリリース
Googleの新カメラアプリ「Googleカメラ」では背景のボケた写真を撮影できる「レンズぼかし」機能が利用できます

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP