体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

右傾化のメカニズムを三段階に分けて説明(誰かが言わねば)

右傾化のメカニズムを三段階に分けて説明

今回はふとい眼鏡さんのブログ『誰かが言わねば』からご寄稿いただきました。

右傾化のメカニズムを三段階に分けて説明(誰かが言わねば)

前回のエントリー「右傾化する人達が根本的に分かっていない一つの事実」のブックマークコメント欄へたくさんのコメントをお寄せいただきましてありがとうございました。

「右傾化する人達が根本的に分かっていない一つの事実」 2014年04月19日 『ガジェット通信』
http://getnews.jp/archives/554711

右翼的な方からは左翼的だとご指摘いただき、左翼的な方からは右翼的だとご指摘いただいたので、バランスのとれた客観的な文章が書けたのかなと安心しております。

さて、お寄せいただいたたくさんのコメントを見ていますと、ひとつ気になることがありました。左翼的な方からのコメントを見ていて感じたのですが、左翼的な考え方の人達は日本人の右傾化の加速を随分と甘く見ているのではないでしょうか?ネウヨなんてどうせニートばっかりなんだからほおっておけばいいんだ、というのは数年前までの話で現在の状況はもっと深刻です。

そこで今回は最近の日本で起こっている右傾化のメカニズムを三段階に分けて説明したいと思います。

三段階の説明に入る前に、前提として理解しておいていただきたいのが、ここ20年強の間に日本人の自信が徐々に失われつつあるということです。

経済成長期の日本では幸せとはひとつひとつ手に入れていくものでした。貧しかった当時の日本人は少しずつ裕福になっていく自らの生活を、幸せを獲得していく過程だと考えていました。

しかしバブル崩壊あたりから、日本人の多くは自分が求めるべき幸せとは何なのかが分からなくなりました。目標を見失ってしまった日本人は自信を失い始めます。

経済の成長期には、大人達は自分の生き方が正しいと信じていましたし、子供達にも自分と同じ生き方を押し付けようとしました。それに対して子供達の側は反抗し、場合によってはグレることもありました。

その後、拓銀や山一證券の倒産、新興国の台頭、日本の大人達の自信は少しずつじわじわと失われていきます。自分の生き方に自信を持てなくなった大人達は子供達に自らの生き方を押し付けようとはしなくなりました。そうなると子供達は大人に反抗することがなくなります。なにしろ大人の側に軸がないのですから反抗しようがありません。それどころか子供達は、何の方向も提示してくれない大人に自分から生き方を教えてもらおうとすることさえ珍しくありません。ただ、答えを持たない大人達には「夢はないのか?」と聞き返すくらいしかすべがありません。

20年以上にわたって、日本の経済は停滞し新しい価値観は見つからず日本人の自信喪失は少しずつ進行していきます。

こういった世相の中で右傾化の第一段階が起こります。

彼等(この段階で右傾化した人の多くは男性です)が急速に右傾化した原因はインターネットの普及とニートの増加です。ニートの男性は「仕事」を通して自信を獲得することができません。ニートの一部は自信の源を自らの内ではなく外に求めました。つまり自信の源を自分で築きあげることを諦め、かわりに「自分は日本人である」という誇りで埋めあわせようとしたわけです。インターネットの普及により、自分の部屋という安全な場所から気軽に勇ましいことを叫べる環境が整いました。同時に同じような主張を持つ人同士がインターネットを介してつながることができるようになったことも右傾化が進行した原因です。

この段階では、右傾化はインターネットの中だけで起こっている出来事であって、現実の世界にはほとんど影響力を持っていませんでした。

そして右傾化は第二段階へと進行します。

この段階では比較的所得の多いサラリーマンや自営業者にまで右傾化が広がりました。その原因はSNS、特にFacebookの普及です。

Facebookでは今現在のつながりだけではなく、昔の友人達ともつながることができます。今現在の友人は似た属性を持った人であることが多いですが、昔の友人達はそれぞれ異なる属性を持っています。30代40代くらいの人が学生時代の友人と集まると仕事の話や自分の生活の話をして互いに心の中で優劣を判定しあいます。結婚せずにキャリアを積んでいる女性は男性と対等に働くことの素晴らしさを語ろうとしますし、結婚して子供のいる女性は育児を通してえられる経験は何物にもかえがたいものだと語ろうとしますし、結婚せずに恋愛をする女性はいつまでも女の幸せを感じる生き方こそ最も輝いているのだと語ろうとします。男性の場合は自分のやっている仕事がいかに大きな仕事で自分自身がそこでどれだけ必要とされているかを匂わせようとします。女性の方は対立軸が複雑なのではっきりとした優劣は決まりません。一方、男性の方は全員が「仕事」という同じ土俵に上がりますから序列が丸見えになってしまいがちです。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy