ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

超大型巨人をその目で! まだ間に合う『進撃の巨人』プロジェクションマッピング初日レポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


――60m級の超大型巨人、川崎に現る。

4月10日からラゾーナ川崎で開催されている『au スマートパス presents“進撃の巨人”プロジェクションマッピング ATTACK ON THE REAL』。巨人に支配された世界で、巨人と人類との戦いを描く『進撃の巨人』。コミック累計発行部数3600万部突破、TVアニメ化、実写映画化決定、劇場版アニメ化決定、美術館での企画展開催決定と、もう説明不要の人気作品となっている本作。コミックス最新13巻発売を記念して、大規模なプロジェクションマッピングイベントが開催されたので、その様子を目撃してきました! 記事の最後にはダイジェスト動画もあります!

[すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください]
http://otajo.jp/38754 [リンク]

この日は平日の夜だというのに大勢の人々がラゾーナ川崎に続々と集まり、5階のテラスまで埋め尽くされました。イベント開始時刻が迫ると、作中のキャラクター・アルミンから注意を促すアナウンスが。「ルールを守り、楽しんでくれるなら本望!!」と作中のセリフを彷彿とさせるアナウンスで、イベント開始を待つ人々の気持ちを盛り上げます。

そしてプロジェクションマッピングの前に、ゲストとしてアニメでキャラクターの声を担当している、石川由依さん(ミカサ役)、小林ゆうさん(サシャ役)、今回のプロジェクションマッピングの映像演出を担当したNAKED Inc.の村松亮太郎さんが登場。
村松さん自身も『進撃の巨人』のファンらしく、「実際に見たかったから」ということで今回の企画を引き受けたそう。小林さんは、「“プロジェクションマッピングさん”を初めて見るので楽しみ」とイベントへの期待感を語りました。

プロジェクションマッピングは、ミューザ川崎のビルへ投影。原作コミックのワンシーンや、TVアニメのシーンなど、様々なシーンが次々と現れます。

巨大樹の森の映像では、立体機動装置を駆使して飛び回るミカサやリヴァイ兵長、走って迫ってくる“女型の巨人”など、スピード感溢れる演出が続きます。

そしてドスン、ドスンと地響きのような音と共に、ついにあの超大型巨人が……! 目の前にする60m級は圧巻。ラストにはTVアニメ最初のOPテーマ『紅蓮の弓矢』が流れ、盛り上がりは最高潮に達し幕を閉じました。

約10分間の投影が終わると、会場からは大きな拍手が。この日、多くの兵団員が実物大の巨人と、それに立ち向かう調査兵団の勇姿を目に焼き付けたのです。
このプロジェクションマッピングは本日4月12日(土)の夜にも、3回投影予定。実際に目にするチャンスは残っています。13日(日)に予定されていた投影は中止になったのでご注意を!


ちなみにサシャ役の小林さんは、芋を食べながら(この日はサツマイモでしたが)挨拶をしたり、アニメのキャラクターを演じるにあたり、父親と“進撃の巨人ごっこ”をしてキャラクターの気持ちを想像してみたといったエピソードを語り、会場のファンを沸かせました。


ダイジェスト動画URL:http://youtu.be/nEdYObRnEIU [リンク]

【au スマートパス presents『進撃の巨人』プロジェクションマッピング ATTACK ON THE REAL】
日時:2014年4月12日 19:00頃~、19:30頃~、20:00頃~
場所:ラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場
神奈川県川崎市幸区堀川町 72-1
(JR 川崎駅西口直結 京浜急行線川崎駅下車徒歩7分)

イベント詳細:
http://shingeki.net/pjm/#.U0iCVlcYtLg

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。