体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

開発者が主役となる舞台へ インディーゲームの祭典『BitSummit 2014』レポート

開発者が主役となる舞台へ インディーゲームの祭典『BitSummit 2014』レポート

日本のインディーゲームを世界へ発信する目的で昨年立ち上がったイベント『BitSummit』が、第2回のイベント『BitSummit 2014 -京都インディーゲームフェスティバル-』を3月7日から9日にかけて京都・みやこメッセで開催しました。第1回は1日のみ、開発者とプレスのみ参加のイベントだったのに対して、今回は会場の規模を拡大して日程は3日間、週末には一般入場も受け入れ5000人以上が来場したという大規模なイベントに。約120チームのインディーゲーム開発者が開発中の作品を含む新作を出展し、来場者はそれらを実際にプレイして開発者と交流できるのが特徴の同イベントは、今回も会場に独特の熱を生み出していました。イベントの模様とその後の動きをレポートします。

ジェームズ・ミルキー氏

『BitSummit』は、海外ゲームメディアでジャーナリスト経験を持ち、当時キュー・ゲームスでプロデューサーだったジェームズ・ミルキー氏が個人で立ち上げたイベント。昨年開催された第1回は開発者による成功事例の講演、開発者をサポートする開発環境や配信プラットフォームを提供する企業による基調講演が設けられ、作品を出展した開発者に「自分が作りたいゲームを作ろう」とメッセージを投げかけていたことが印象に残りました。

参考記事:
「自分が作りたいゲームを作ろう」 日本のインディーズゲームを世界へ発信するイベント『BitSummit』レポート
http://getnews.jp/archives/298243[リンク]

作品が海外メディアの目に触れる機会を提供し、開発者を鼓舞したのが第1回とすると、第2回のテーマは「開発者が“主役”になること」だったように思います。事実、第1回の成功に刺激された開発者たちは今回に向けて新作を準備し、スポンサー企業もインディー開発者に積極的にアプローチ。開発者の中には、イベントの運営に携わって自分たちが“主役”になる舞台をサポートするという動きもありました。

開発者にスポットライトを当てた『BitSummitアワード』

授賞式

「開発者が主役」という意味でのイベントのハイライトが、最終日に発表された『BitSummitアワード』。ビジュアルやゲームデザイン、音楽、シナリオ、革新性などの部門別の優秀作品、そして大賞が発表され、受賞者にステージ上でトロフィーが手渡されました。受賞作品は次のとおり。ここでは、受賞者だけでなく次点となった開発者も掲載しておきます。

ビジュアル最優秀賞:Team Poyhaymen(『ラクガキ忍者』)
http://www.playism.jp/games/rakugaki-ninja/[リンク]
次点:Visiontrick Media (『Pavilion』)
http://visiontrick.com/[リンク]

ゲーム・デザイン最優秀賞:Little Big MMO (『Gangs of Space』)
https://www.gangsofspace.com/en[リンク]
次点:Funktronic Labs (『Nova-111』)
http://www.funktroniclabs.com/[リンク]

1 2 3 4 5 6次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy